遡行同人梁山泊ブログ『酔虎伝』へようこそ!!
  

2019年05月10日

ネコブ山

5/4-5 ノブさん、ヒロP

GW後半戦に桑ノ木山ーネコブ山に行ってきました。
桑ノ木山のだだっ広い尾根でテントを張り、
快晴無風の中、昼から宴会を始めたら翌日のネコブ山はどうでもよくなってしまいました。
ピストン登山あるある。
酒を呑んだくれて酔っても、メンタルを如何に維持するか、最大の課題。

19D1C6E2-FA18-4948-895B-257F531E20D6.jpeg

下山してからは、混浴温泉に浸かり、
前泊地偵察を兼ねてとあるスポットにてキャンプ。
翌日は、山菜採りして帰路に着きました。
BC7D3325-016E-4A36-B3F3-CF2A11D07D94.jpeg

今年のGWは10連休。
前半は、飯豊に。
後半は、ネコブに。
とても充実した休日の過ごし方でとっても満足!

さて、沢のシーズン開幕ー!


posted by ヒロポン at 09:09| Comment(0) | ‐雪‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月08日

飯豊本山のご来光で令和を迎えました

メンバー:NASさん、うど子さん、ヒロP、みのりちゃん、クマさん、がんちゃん(記)

10連休は足を延ばして飯豊の春の雪山を楽しんできました。
新入会のクマさん歓迎山行でもあります。

計画は次の通り。
初日   (4/28)大日杉小屋〜地蔵岳〜切合小屋
二日目(4/29)切合小屋〜飯豊山〜御西岳〜大日岳〜御西小屋(雪で埋まっていたらテント)
三日目(4/30)御西岳〜北股岳ピストン〜飯豊本山小屋
四日目(5/1)  飯豊本山小屋〜切合小屋〜地蔵岳〜大日杉小屋

前日の到着は夜になり、雨の林道を運転する気にもなれず手前の道の駅にビバーグ。
軽く一杯やって早めに寝ました。



【初日(4/28)】
快晴。
登山口に向かう林道の路傍にフキノトウがちらほら。車中のうど子さんから歓声とも奇声ととれるうめき声が漏れ始めた。
山菜大好きの彼女は、目の前を通り過ぎていくフキノトウを指をくわえて見ていることに耐えられず、ひとり悶絶していたのだ。
しかし、きょうは1000m以上も重い荷を担いで登らなければならない。無駄な時間はない。
リーダーのNASさんは、そこんところを十分わかっていたが、山中で食べる分だけ採ろうと急停車して各自レジ袋を片手にクルマから降りたのでした。

6:50 大日杉小屋に到着。
フキノトウにかまけていたら遅くなった。ちょうど先行パーティが出発するところだ。
望んだ事ではないが止むを得まい、有難くそのトレースを利用しよう(ラッキー!)。
しかし、先行者がいてもキツイ登りだ。しかも暑い。一本目から大汗をかいた。
ほうほうの体で地蔵岳についたのは13:00過ぎ。
クマさんも水をがぶがぶ飲みながら付いてきている。
あとは少し下ってちょっと登るだけ、と高をくくっていたがココからが長かった。
この時期、切合小屋に行くルートはふたつある。
ひとつは左の尾根側を行く夏道ルートと、小屋直下にショートカットする直登ルートだ。
先行者は直登ルートをいっているが、われわれは敢えて左を巻くルートを選択した。
後続パーティも直登ルートを行きみるみる小屋に近づいているのに、われわれは大回りしていて中々近づかない!
体力もさることながら精神的に参った。
小屋に到着したのは16:00過ぎだった。

OI000141.jpg
↑ 大日杉小屋での初日のクマさん。顔の色に注目(使用前)


OI000143.jpg
↑ 樹林帯の中を軽快に地蔵岳を登る



【二日目(4/29)】
快晴。
6:30過ぎに出発。きょうも晴天だ。
飯豊山ピークを目指して快調に登る。
他パーティはほとんどが切合小屋をベースに飯豊本山ピストンで軽装。
われわれは御西小屋を目指すので大荷物。明らかに何かが違う。
飯豊山ピークを過ぎた地点でいやらしい西風が強まった。
うど子さんが動物的な勘で異変をいち早く察知。
飯豊は典型的な日本海側気候に属するので、西風が吹くときは決まって天候が悪化する。
このまま御西に行くか、飯豊本山小屋に戻るか迷った。
が、元々翌日4/30の天気は崩れる予報だったので、時間は早いが本山小屋に戻ることにした。
われわれ以外のパーティがピストンにしていたのは、天候が崩れる前に下山したかったわけね。納得!
という訳で、本山小屋の前で真っ昼間から春山宴会が始まったのでした。

OI000209.jpg
↑ 飯豊山ピークを踏む二日目のクマさん

OI000199.jpg
↑ 飯豊から望む朝日連峰


OI000220.jpg
↑ 飯豊さんから望む飯豊連峰の最高峰・大日岳(2128m)。残念ながら今回は行けなかった


OI000216.jpg
↑ 本山小屋の横で焼肉宴会が始まった。お酒が入るとクマさんが一層元気に



【三日目(4/30)】
暴風雨。
4:00起床、6:00出発準備完了。
今日の下山を前提で昨日調子に乗って酒を飲んでしまったので、残りの酒は少量しかなく停滞はしたくない。
多少の雨風なら降りるつもりでいたが、ゴーゴーとすごい風が吹いている。
横殴りの雨で風速は20m以上。
9:00まで待ったが天気の回復は見込めないことから停滞を決定した。
小屋にいるのはわれわれだけ。
平成最後の日は飯豊本山小屋でまったりと終わるのでした。

IMG_1248.JPG
↑ 平成最後の日を「喰って・飲んで・寝て」を繰り返すNASさん



【四日目(5/1)】
晴天。
雲海から令和の朝日が昇る!
飯豊本山のこの空間にいるのはわれれだけ。弥が上にもテンションが上がる。
真っ黒に日焼けしたクマさんも元気だ。
みんな下山して早くビールが飲みたいのでした。

OI000227.jpg
↑ 令和元年初日を飯豊山のご来光で迎えた。何十年たってもこの朝日は忘れないだろう


OI000258.jpg
↑ 帰りの地蔵岳から飯豊山をバックに記念撮影


OI000231.jpg
↑ 最終日のクマさん(使用後)








posted by がんちゃん at 18:38| Comment(0) | ‐雪‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月22日

レスキュー訓練@平戸の岩場

日程:2019/04/14(日)
場所:平戸の岩場
メンバー:USAN、うど子、Okapooon、場数隊長、信、ガラさん、ヒロP、GANちゃん、みのり(記)

暖かくなってきましたね。
毎年桜が散ると、杉花粉から解放され、ほっとする私でございます。

さて、今年もシーズン初め恒例のレスキュー訓練を行いました!

・登り返し(プルージック登攀)
・ビレイからの自己脱出
・振り分け救助
・介助懸垂
・1/3引き上げシステム
・背負い搬送
・担架搬送

担架搬送は大きめのザックを2個連結しただけの簡単なものを試しましたが、
意外と安定して搬送でき、要救助者への負担も少ないようでした。

今回はリーダーを仰せつかり、事前に勉強、段取り等を考え臨みましたが、
実際現場にいたると不十分で、反省点多数。必死なあまり写真も撮り忘れてしまいました。
しかしながら、皆様に助けていただき、なんとか予定した訓練を実施する事が出来ました。
ありがとうございました!!
posted by みのり at 23:11| Comment(0) | ‐他‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

岩トレ@阿寺の岩場

2019.4.13   阿寺の岩場
メンバー:NAS, ウド子、岩ちゃん、みのり、熊ちゃん、ヒロP(記)

2019年、年度初めの準会山行は岩トレ。
翌日に行われるレスキュー訓練とセットで、毎年恒例の行事です。
今年は、入会検討中の熊ちゃんも体験参加してくれました。
岩場の混雑を予想したけど、取り越し苦労でした。


岩場に一番乗り且つ、一番最後に帰るという、
やる気溢れるトレーニングでした!

IMG_9392.jpg


今年一年も、事故なく楽しい山行が出来ますように!



posted by ヒロポン at 11:23| Comment(0) | ‐岩‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

山毛欅沢山

日程:2019/03/21〜3/23
メンバー:うど子姐、みのり(記)

3/22(金)平日に会社を休んで、4連休にしちゃえば、長めに山に入れるじゃないか!
ということで、うど子さんを口説いて、雪歩きを計画いただきました。
鳥井戸橋から山毛欅沢山にあがり、小沢山を経て、稲子山・・・してこようという計画。
だがしかし、如何せん天気予報がぱっとせず、すべては現地判断(ダメ元!)で出発しました。
結果、天候が荒れ、山毛欅沢山(ちょっと三本ブナ峠までお散歩)ピストンの2泊3日となりました。

◆1日目:3/21(木)
北千住から特急リバティで会津高原尾瀬口、そこからバス。大原にて下車し、鳥井戸橋から入山。
会津高原駅〜バスの道中、山に雪がなく、からっから様子にそわそわしたが、取付きには雪があり、一安心。
11:00鳥井戸橋の作業用の橋(雪はまったくなし)から取付き。
P3211220.JPG

雪の状態は結構良くて、ツボでくるぶし程のずぼり。取付いた後の急登2段目をあがったC950辺りでワカン装着。
空が晴れてきて、予定外に暑い。
P3211227.JPG

今回3泊想定なので、荷が重い。それにビビって、ちっちゃい250mlのビール2本しか持ってこなかったのを後悔・・・
「なんだよ、今日はビールだったかー!!」と恨みごとをブツブツ言いながら、順調に歩いて、C1270鞍部に到着。幕としました。
夕飯を食べながら、明日以降の天気が気になり、携帯の機内モードを解除すると、なんと電波があり、
ヤマテン情報を入手することが出来ましたが、「午後から天候が急激に悪化」とのこと。翌23日もうーんと唸らせる感じ。
夜は風の音にビビりながら寝たのでした。

◆2日目:3/22(金)
朝起きると風は弱まりつつ在るが、曇天。ガスっており、時折雪もちらつく。
腰が重くなるが、ひとまず山毛欅沢山までは様子を見に行こうということで、2日目の行動を開始した。
P3221237.JPG

昨夜風が強かったが、気温は下がらなかったようで、雪はさほど凍っておらず、ワカンでズボズボ対策。
C1490で稜線に出、腰を下ろし、しばし休憩。真っ白で何にも見えない。残念だ〜😞
天候、雪の状態から稲子山越えは諦め、小手沢山方面に泊ろうかね〜という事に。
それにはまだまだ時間がたっぷりあるので、三本ブナ峠までお散歩に行く。
↓は山毛欅沢山
P3221242.JPG
雪庇が崩れていたのは、1箇所だけ。
P3221257.JPG
三本ブナ峠で記念写真を撮り、来た道を戻る。
P3221249.JPG
小手沢山方面に風を避けられる良さげな場所がないか探しに行くがぱっとせず(強風予報でなければ、最高の春山JOYなテン場)、
結局もと来た尾根をC1350付近まで戻り、2日目の幕としました。
ちなみに、三本ブナ峠でも携帯の電波つかみました。

◆3日目:3/23(土)
夜中風が強く、うど子さんは「明日の朝、テントからでられるだろうか。テント撤収どうしよう。」と考えていたそう。
その隣で私はぐーすか。脳天気ですみません。
風が弱まる波を見計らって、朝のお勤めのためテントをでると、太陽が昇るところでした。
P3231268.JPG
「一瞬、もしかして天気良くなるのか?!」とわやわやさせられましたが、テント撤収時には再び風は強まり、
嫌がらせされました。(お決まりですね〜)
懸案だったテント撤収ですが、二人のザックを中に残したまま作業。
テントに頭を突っ込み、フライを外している最中、さらに私(重量級)が重しになっているにも関わらず、テントが動いたと・・・うど子談。
それにしても下山は楽だな〜。あっという間に下り、10:40大原→檜枝岐のバスに鳥井戸橋でもたもたしている所を拾っていただきました。ありがとうございました。
小豆温泉は廃業し、その近くに窓開の湯というお風呂が出来たとのこと。
そこで降ろしていただき、貸し切り状態のお風呂で汗を流しました。もちろんビ−ルで乾杯!
13:00過ぎの会津高原尾瀬口行バスに乗り、駅のお食事処でカツカレーともつ煮でふたたび乾杯!
電車に乗って、かんぱいぱーい!電車旅を堪能しました!!

posted by みのり at 21:57| Comment(0) | ‐雪‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月29日

ニセコスキー

2月の末、久しぶりにニセコにスキー行ってきました〜
今年の2月末は全然雪が降っていなくて、全然パウダーじゃなかったですが、天気が良くて景色はよかったです。
今回も動画撮ってみたので見てみてください〜
音楽もいいのでフルボリュームでどうぞ〜
posted by okapooon at 13:06| Comment(0) | ‐沢‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

会員募集

遡行同人 梁山泊では随時会員を募集しています!

(沢登り未経験/初級者の方は秋〜3月位の沢のオフシーズンが募集期間です。)



恋の岐1.jpg


北又6.jpg



是非集会にご見学にいらしてください!(要事前連絡)

ご見学はいつでも大歓迎です!
お気軽に遊びにいらしてください!お互いの相性を確かめましょう。

(沢登りそのものや、装備/技術等に関する質問/ご相談等その他なんなりとお気軽にお問合せ/ご相談ください。)

   :  毎月2回目、4回目の水曜日。東京 秋葉原にて。730くらいから。
        ルノアール ニュー秋葉原店 
        
連絡先 : rzpktakibi@live.jp


ご連絡の際、以下の点をあわせてお知らせいただくとスムーズです。

氏名、年齢、性別、お住まいの地域
クライミング、沢登り、登山経験の有無、(および経験された主なルートがあればそれも)
行きたい沢、どんな山行を指向するかなど

集会では山行報告・山行計画の他に、主に遭難対策や技術向上を目的とした机上講習を毎回行っています。
集会のあとは、毎回希望者のみで二次会があります。 よろしければこちらにもご参加ください!
(飲み会です ^^;  ここで次の山行のアイデアが生まれることも多いのだ!)


小倉谷焚き火.JPG


[ 募集要項 ]

*三度の飯より沢登りを愛し情熱を傾ける方!

「何しろ沢登りが好き!」な方! 沢と梁山泊と仲間を愛して欲しい!

沢登りは未経験/初級者でも構いません!元気とパワーと情熱あふれる若者は大歓迎!

登山(テント泊)に親しんでこられ沢登りにチャレンジしたくなった方、沢の自己流/単独で限界を感じている方、源流釣りで沢歩きには慣れている方など。

*もちろん経験者の方!当会の活動に興味を持たれた方!

経験者:沢装備所有、基本的ロープワーク/クライミングスキル/ウォータークライミングスキル有り、3級程度の泊りの沢経験が複数あり、メンバーとして問題無く遡行出来る。

* 未経験/初級者の方は40歳くらいまで。経験者の方はこの限りではありません。

沢登りの技量は何年もかけて場数を踏み少しずつ獲得していくものであること、
末永く当会で活動していただきいずれは後進の育成や会の運営にも寄与していただきたいこと、

等を踏まえ、ご入会にあたっては個々にその都度、体力/技量/登山経験/年齢/その他を考慮のうえ検討させていただきます


*自立した沢屋を目指し、当会に腰を据えて仲間として末永く活動してくださる方

*四季を通じて月2回の集会や山行にすすんで楽しく頻繁に参加出来る方!


神楽全貌.jpg


沢登りの基本技術は指導致します!

当会は沢登りの会ですので、沢に特化した技術を持っており、より安全に沢を楽しむことができます。

未経験の方には基本スキル導入の手助けを致します。

沢登りのハイシーズンに照準を当てた年間計画を立てています。(4月が年度開始。)
無理のない易しい計画から徐々にステップアップすることが出来ますので心配は要りません!

集会での机上講習、会山行での実践基礎訓練で技術導入出来ます。
(装備、クライミング/ロープワーク基礎、ウォータークライミング各種技術、セルフレスキュー訓練、事故防止/対応策、読図、気象判断、初級雪山技術基礎 他。)


沢登り未経験/初級者の方は秋〜3月位が募集期間です。(4月新年度開始)

沢のハイシーズン前に最低限必要な初歩的ロープワーク/クライミング基礎/ウォータークライミング基礎、その他基本スキルを学んでいただきます。

沢登り未経験/初級者でも基本的なロープワーク/クライミングスキルと登山経験(テント泊)のある方はこの限りではありません。お話を伺いますのでまずはご相談下さい。

経験者の方(数年間沢登りをやってこられ即遡行OKな方。)は入会時期の制限はありません。


他会との二重在籍は出来ません。

事故発生時の救助体制/責任分担その他リスク管理の観点より。

都岳連加盟
(会費から山岳保険料、JRO共済会費の他に別途遭難対策準備金を積み立てています。)


詳細は集会にてお話ししましょう!


DSC03162.jpg


20060706 059.jpg
もっと読みたい方はこちらへ!
posted by うど子 at 17:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 会員募集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする