遡行同人梁山泊ブログ『酔虎伝』へようこそ!!
  

2019年03月10日

会員募集

遡行同人 梁山泊では随時会員を募集しています!

(沢登り未経験/初級者の方は秋〜3月位の沢のオフシーズンが募集期間です。)


4月の岩トレ/レスキュー訓練に、入会希望者の見学/お試しでの参加者を募集します!
未経験の方にはレクチャー致します。
  
4/13(土)岩トレ、沢のロープワーク
4/14(日)レスキュー訓練

場所:阿寺の岩場(飯能市東吾野)または東京近郊日帰り可能な場所

詳細は参加希望者に連絡致します!

*最低限ハーネスとメットをご持参下さい。(メットはお貸しできる場合あり。ロープワーク、レスキュー訓練は運動靴で可。)
*ロープワークだけでなく岩を登ってみたい方はクライミングシューズをご持参下さい。
*どちらか一日のみ、または両日ご参加可能です。
*出来れば事前に集会(3/27、4/10のどちらか、または両方)をご見学にいらして下さい。(要連絡)

ご連絡お待ちしております!

連絡先 : 遡行同人梁山泊事務局 rzpktakibi@live.jp 


恋の岐1.jpg


北又6.jpg



是非集会にご見学にいらしてください!(要事前連絡)

ご見学はいつでも大歓迎です!
お気軽に遊びにいらしてください!お互いの相性を確かめましょう。

(沢登りそのものや、装備/技術等に関する質問/ご相談等その他なんなりとお気軽にお問合せ/ご相談ください。)

   :  毎月2回目、4回目の水曜日。東京 秋葉原にて。730くらいから。
        ルノアール ニュー秋葉原店 
        
連絡先 : rzpktakibi@live.jp 


ご連絡の際、以下の点をあわせてお知らせいただくとスムーズです。

氏名、年齢、性別、お住まいの地域
クライミング、沢登り、登山経験の有無、(および経験された主なルートがあればそれも)
行きたい沢、どんな山行を指向するかなど

集会では山行報告・山行計画の他に、主に遭難対策や技術向上を目的とした机上講習を毎回行っています。
集会のあとは、毎回希望者のみで二次会があります。 よろしければこちらにもご参加ください!
(飲み会です ^^;  ここで次の山行のアイデアが生まれることも多いのだ!)


小倉谷焚き火.JPG


[ 募集要項 ]

*三度の飯より沢登りを愛し情熱を傾ける方!

「何しろ沢登りが好き!」な方! 沢と梁山泊と仲間を愛して欲しい!

沢登りは未経験/初級者でも構いません!元気とパワーと情熱あふれる若者は大歓迎!

登山(テント泊)に親しんでこられ沢登りにチャレンジしたくなった方、沢の自己流/単独で限界を感じている方、源流釣りで沢歩きには慣れている方など。

*もちろん経験者の方!当会の活動に興味を持たれた方!

経験者:沢装備所有、基本的ロープワーク/クライミングスキル/ウォータークライミングスキル有り、3級程度の泊りの沢経験が複数あり、メンバーとして問題無く遡行出来る。

* 未経験/初級者の方は40歳くらいまで。経験者の方はこの限りではありません。

沢登りの技量は何年もかけて場数を踏み少しずつ獲得していくものであること、
末永く当会で活動していただきいずれは後進の育成や会の運営にも寄与していただきたいこと、

等を踏まえ、ご入会にあたっては個々にその都度、体力/技量/登山経験/年齢/その他を考慮のうえ検討させていただきます


*自立した沢屋を目指し、当会に腰を据えて仲間として末永く活動してくださる方

*四季を通じて月2回の集会や山行にすすんで楽しく頻繁に参加出来る方!


神楽全貌.jpg


沢登りの基本技術は指導致します!

当会は沢登りの会ですので、沢に特化した技術を持っており、より安全に沢を楽しむことができます。

未経験の方には基本スキル導入の手助けを致します。

沢登りのハイシーズンに照準を当てた年間計画を立てています。(4月が年度開始。)
無理のない易しい計画から徐々にステップアップすることが出来ますので心配は要りません!

集会での机上講習、会山行での実践基礎訓練で技術導入出来ます。
(装備、クライミング/ロープワーク基礎、ウォータークライミング各種技術、セルフレスキュー訓練、事故防止/対応策、読図、気象判断、初級雪山技術基礎 他。)


沢登り未経験/初級者の方は秋〜3月位が募集期間です。(4月新年度開始)

沢のハイシーズン前に最低限必要な初歩的ロープワーク/クライミング基礎/ウォータークライミング基礎、その他基本スキルを学んでいただきます。

沢登り未経験/初級者でも基本的なロープワーク/クライミングスキルと登山経験(テント泊)のある方はこの限りではありません。お話を伺いますのでまずはご相談下さい。

経験者の方(数年間沢登りをやってこられ即遡行OKな方。)は入会時期の制限はありません。


他会との二重在籍は出来ません。

事故発生時の救助体制/責任分担その他リスク管理の観点より。

(会費から山岳保険料、JRO共済会費の他に別途遭難対策準備金を積み立てています。)


詳細は集会にてお話ししましょう!


DSC03162.jpg


20060706 059.jpg
もっと読みたい方はこちらへ!
posted by うど子 at 17:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 会員募集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロニクル(2018年度)

2018年度のクロニクルです。(2019.03.10更新)

posted by 梁山泊Web管理者 at 00:00| Comment(2) | クロニクル(2018年度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

ブラック台地(越後駒 郡界尾根アオリ)ルート偵察 

〜長瀬沢林道編〜

2019/3/2-3

メンバー:USAN、うど子

おぉ〜っと、珍しくUSANの方から「ブラック台地行きたいんだけど?」なんてお誘いが来たゾ!
え、マジ?いつもはこ〜ゆ〜マイナーかつコアな計画はハァ〜(- -;)っとため息をつくタイプなのにどしたの?(笑)
私はナルミズ滑りに行きたいなぁなんて思ってたけど、こ〜ゆ〜チャンスは気が変わらないうちに押さえとかないとね!

名にし負う郡界尾根、「オツルの右岸尾根じゃん」とか言うなかれ、積雪期はそれなりにタイヘンなんだから。
アノ佐梨奥壁の池ノ塔をあがめるかのように穏やかっぽく静寂にひざまずく白い「ブラック台地」「アオリ池」。
それは決して針地獄の中の血の海なんかじゃなく、優しいオアシスの如し。(多分)
駒は沢屋の闘志をかきたてる険谷達を幾筋も従え、血気盛んな岳人達に胸を貸すマキグラノツルネ、郡界尾根といった険しい尾根を束ね、どっしりと静かに半眼でおわす大仏様のよう。(あ、猿田彦様ごめんなさい。)
「越後」だね…私も色々と妄想を重ね、心に引っかかってはいたのだ。。

大湯から長瀬沢林道を登路に採ると言う…
そうね、確かに雪の状態さえ安定していればかなりお買い得ルートだと思うし、例年通りの雪の状態ならば時期的にも良いだろうけど…
さぁて、今年の雪はどうだろうか?

今年は雪が少ないぞ〜。いつもの半分以下?(先週は土樽でフキノトウが採れたyo!まだ2月ですyo!)
ダイジョブかしら?(^^;)
今の雪の調子だとちょうど雪崩なんかがヤバい感じだという気がしていて、「ウッソ〜!マジ??林道アプローチヤバくない??💦」とちょいビビりが入り、ダメもとで偵察ならという計画。
続きを読む
posted by うど子 at 22:44| Comment(4) | ‐雪‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

シシゴヤノ頭 二日酔い敗退

日程:2019.02.23〜02.24
メンバー:うど子さん、みのり(記)


毎シーズン土樽駅エリアに偵察に来ている、うど子さんのお誘いに乗っかり、
蓬沢ベース、シシゴヤノ頭に行ってきました。
結論としては、、、
初日ベースでの宴会7時間により、翌日二日酔いとなり、取り付きの急登を登った付近で降参。
またしてもピークにたどり着けず、敗退となってしまいました。
冬、雪は状況次第なので必ずしもピークには到達しないとはいえ、自身の不甲斐なさを痛感いたしました。

◆1日目:02/23(土)
この日は蓬沢のベースまで。
高崎からの上越線で合流し、土樽10:02着。
上越線は、大きなザックの登山者ばかり。みなさま、どちらに行かれたのでしょう。

どんより曇天、少し降雪。ゆっくり身支度を整え、嫌々歩き出します。
前日からの降雪でラッセルも覚悟していましたが、ほとんど降っておらず、
適度に固く締まった状態で歩きやすく、2時間程でベースとする雪原に到着してしまいました。
とはいえ、細身のうど子さんがツボで問題ない場所も、重量級の私ははまりまくり。この体型が憎らしい。
林道の樹林帯に入る辺りで、ワカンをはきました。

P2231183.JPG
ベースとした雪原から上流をのぞむ。手前の堰堤付近で水調達。

毎年この地を訪れるうど子さんによると、予想した通り、例年よりずいぶんと雪が少ないそう。
例年の3月下旬並み程度。おそらく3月下旬頃(春山)では賞味期限切れでしょう。

ツェルト大、ドーム型ツェルトを設置し、まだ昼すぎですが、宴会を開始。
各自肉持ち寄りで、焼き肉パーティです。
お互いが何を持ってくるかわからぬまま、うど子さん何を持ってくるかな〜と想像しながら、
闇鍋的なのが、梁山泊流。さて、今回はどうでしょうか。
 うど子さん:ホルモン、砂肝
 みのり:牛タン、ラム肉
牛肉がない!!!(爆笑)
そんなこともありますね。まぁ、乾杯しましょう。 ※ちなみに普段GANさんが牛肉担当なので肉に困ることはありません。

P2231186.JPG

宴会は20時頃まで続く・・・もちろん二人とも記憶はない。

◆2日目:02/24(日)
04:00起床。朝食は各自で済ませることに。
私は激烈な二日酔いで固形物を受け付けず、コーヒー、お茶を飲んで身支度を整える。
06:00明るくなってきたので、出発。

P2241188.JPG

晴れ!快晴!すばらしい!
風もなく、かっこうの登山日和です。

P2241190.JPG

急登を登るうど子さん
P2241195.JPG

一方私は、徐々に二日酔いは回復してくるも、ぜんぜん足が前に出ず、ついて行けません。
急登を登り切り、少し緩やかになったところでうど子さんが待っててくれました。何分待たせたことか・・・
ここで降参m(__)m こんな日めったにないのに。ごめんなさい、うど子さん。

P2241199.JPG

のんびりベースに戻って、ほっとしてお腹がすいたので、ラーメンを食べ、撤収。
また来ます。絶対また来ます。

P2241205.JPG
万太郎岳ギザギザ

湯沢駅はスキー、スノボ客でごった返し。
新幹線も混雑が予想されたので、時間に余裕もあるしってことで、鈍行でのんびりお酒を飲みながら帰りました。
二日酔い、反省してない(汗)
posted by 梁山泊Web管理者 at 00:00| Comment(0) | ‐雪‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

常念岳東尾根(敗退)

2019.2.9(土)〜2.11(祝)

メンバー:うど子姐、USAN、みのり嬢、Ganchan(記)

アメリカ中西部に記録的な寒波をもたらした北極からの大寒気団が、週末にかけて日本列島を覆うように垂れ下がってくるとTVのニュースは伝えていた。
関東平野部でも積雪がある予報である。
金曜日の夜、東京にいても随分と寒く感じるのに、ホントに北アに行くのか? 
今回は東尾根の2000m付近にあるなだらかな樹林帯をBCにして、翌日常念岳(2857m)をアタックしようという計画である。
雪山初心者のわたしがいるので北アの中で冬山入門的なルートを選んだのだ。

前夜は安曇野の道の駅「ほりがねの里」にテント泊。
安曇野ICからクルマですぐで、ここから取り付きの「ほりでーゆ〜四季の郷」のゲートまで8km程度とアクセスは大変良い。
明朝7:00にはゲートを出発したいので起床は6:00、夜通し運転してきて寝たのは3:00過ぎであった。

2/9(土)
眠い。寒い。共同装備を分担してパッキングしたら、重い。
でかい白菜がザックにどうしても入らない、しょうがないテルモスは置いていこう。
近くのコンビニでホットコーヒーを飲んで目を覚まし、いざ常念岳へ。

OI000076.jpg
↑ 登山口に到着したが雪はほとんどない

林道を1時間ほど歩いて常念登山口に到着。
ここから樹林帯を1000m登るのだ。
積雪は10cm程度で恐れていたラッセルは皆無。
USANから借りたワカンをぶら下げてきたが使う箇所がない。
ことしは雪が少ないのだ。
それにしても似たような登りが延々と続く。
ラッセルはなくとも大汗をかきつつ14:00にはテン場候補地と目標にしていた1955mを通過した。
地形図をにらみつけるとあと150m登るともっと平坦な場所はある。
しかし、明日は軽身でのピストンであるからして、もうこの辺に幕営しちゃってビールにしよう!という根性なしの決定が下された。


OI000078.jpg
↑ 延々と続く尾根登り。ここがラッセルになったら大変だろう


OI000085.jpg
↑ 尾根の斜面を平坦にして快適なテントを設営。しかし、すみっこは雪が崩れ落ちそうなのでいつしかみんなが中央に寄って来る



OI000082.jpg
↑ 慣れない手つきで鶏肉をさばくGanchan(=わたし)。缶ビールが凍ったのには驚いた



OI000083.jpg
↑ 良い焼き加減。初日は白菜たっぷりの寄せ鍋を作った


2/10(日)
4:00起床、6:00出発。
まだ暗い。出発前にUSANがしゃがみこんで大きい方をしていると、ゲートを3時に出て来た単独行者と鉢合わせをしたという。
USANは大変びっくりしたと言っていたが、暗い雪道をソロで登ってきてヘッデンの明りの中に大便をしているオジサンが突如現れたのだから、むしろ相手の方が驚いたに違いない。

荷が軽くなったので軽快に登っていくはずが、雪が深くなったせいで罰ゲームのような「落とし穴」に時々はまり息が上がる。
森林限界の2300m付近で、昨日から体調が良くなかったUSANがひとりテントに引き返すことになった。
樹林帯を抜けて見上げると常念岳の手前の前常念岳(2661m)直下の岩稜帯が目の前にある。
取り合えずそこまで行って状況を判断することにした。


OI000095.jpg
↑ 手前に見えるピークが前常念岳。左方向(西)からときおり強い風が吹く

新雪があるところはトレースはしっかりある。傾斜がきつくても風の強い箇所は雪が締まっていてアイゼンの効きがいい。
高度感があり神経は使うが行けないことはない。
前常念直下の岩稜帯を迂回トラバース。その直後に直登した急傾斜でみのり嬢がミニ滑落した。
さっきまで締まっていた雪が、風の影響を受けない地形なのかクラストしたアイスの上に新雪が20cmほど積もっている状態に変化していた。
自身で巻き込んだ雪と、一本の立木がブレーキになりみのり嬢は無事滑落停止。事なきを得た。

OI000097.jpg
↑ 前常念の直下の岩稜帯はこの上の方にある。トレースはばっちりで歩きやすい


OI000091.jpg
↑ 右(東)に目を向けると横道岳(2767m)が青空の中に綺麗にうかぶ


OI000099.jpg
↑ 元気いっぱいの青いお嬢サマと、ザックをしばいて気合を入れなおす赤いお姐サマ


11:20、2535m。
あと100mちょっとで前常念のところまできたが、風が強くなってきた。
このあと見晴らしも悪くなりそうだ。
核心部の難所も通過したので、早く帰ってテントで焼肉をしようという決断が下された。
しかし、帰るにはまた岩稜帯を迂回しなくてはいけない。
登るときはホイホイきたが、下りは怖い。
急傾斜のトラバースの一歩目で、わたしがクラストを左足で踏み抜いた。右足に体重をかけて左足を抜いた瞬間、バランスを崩して滑った。
とっさに目の前にあったうど子姐の足に左手でしがみつき、まだ落ちる勢いが出ていなかったので右手でピッケルを刺して止まった。
「溺れる者は藁をもつかむ」というが、実際の滑落停止では自分で何をしでかすか分からないと思った。
うど子姐からみれば、体重差がある人にしがみつかれて一緒に滑落したら大迷惑だ。
落ちたら事故になる可能性もあったのだから。
この光景を目の前で見ていたみのり嬢は、トラバースの一歩目を踏み出すのが急に怖くなったと述懐していた。



2/11(月)
7:00頃にぐうたら起床。
だらだら降りて行って「ほりでーゆ〜四季の郷」で温泉に入る。
USANの「そばが食べたい!」とのひとことで安曇野の蕎麦屋に入り、お茶をすすってみんなで野沢菜をつついた。


IMG_1053 (1).JPG
↑ 蕎麦屋自家製の野沢菜。シャキシャキしてそば茶に合うのだ





posted by がんちゃん at 18:28| Comment(0) | ‐雪‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月16日

八ヶ岳 権現 小泉ルート

2019/1/12-14

うど子

フタを開けてみれば、この冬は日本海側の雪国には少ないながらも雪が来たけれど、太平洋側の山々は記憶にないほど雪が少ない。
この時期、さすがに一人でワカンじゃ雪国では勝負にならないので八ツに出かけてみた。

権現小泉ルート。
以前USANと出かけて、三ツ頭手前がラッセル深く、アヘアヘと苦しんだところだが、さて今年はどうだろうか?


続きを読む
posted by うど子 at 17:29| Comment(0) | ‐雪‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月24日

三依山

2018/12/22-23

うど子

三連休、どうも天気予報がよろしくなくて…土日が南低で月が冬型ですと。
しかも私が行ける範囲の近場の山は雪でなくて2200mまでは雨かせいぜいミゾレですと。
まいったなぁ。
スキーには雪が少ないしなぁ。

エアーポケット地帯として浮かび上がったのが栃木!
地味な地味な地味な地味な地味な三依山に行ってきました(^^;)
駅から登れて少し雪があってお手軽!

ここ、2017年の1月に行った時も世紀の寡雪で雪がほとんどありませんでした。(スノーシューのお試しで行ったのに。)
今回はその時よりはありましたが一番深いところでも膝下程度で楽勝でした。

東武鉄道の快速は安くて良かったんですが、今は早朝出発だと否応なくリバティ会津という特急列車しか選択肢無し。
全席指定で特急料金を支払わなくてはなりません。
快適ですが貧乏人には悲しいことです。

中三依の駅の裏(スキー場跡らしい。)からすぐに取り付きます。(今回はお墓から行ってみた。)
あまり中三依駅から登る人は居ないみたい。
地形図を見て一番緩そうなところを上がりましたが、それでも中々に急です。
等高線の詰まり具合はさほどでもないのに体感斜度は等高線以上です。

8本爪のアイゼンはスノーシャットなんて付いてないので、一歩づつ洗面器程度のデカい雪が団子になります💦
これがもう冗談ヌキで本当に一歩一歩洗面器がもれなく付いてくる!なんちゅう雪や!旧型の中古冷凍庫に一年位放置された霜かっ!
ザクッ、カンカン、ザクッ、カンカンの繰り返し(泣)カンカンはアイゼンを叩く音です(^^;)

主稜線に乗り上げると途端にたおやかなまったり尾根になります。
楢とブナ主体の明るく広い尾根です。
倒木が非常〜に多い!ヤバイ尾根だ!秋がとっても心配だ!でも食べない方が良いかも💦えっ?(^^;)

ここら辺が会津と北関東のちょうど境界線らしく、尾根を挟んで北と南の山々の天候の違いが目で見て分かるようでした。

思ったよりも積雪は少なく、これだとアクセクしなくても十分日帰りでピストンできそう。
ってことで、ピークを目指すのは明日に回してお気楽にとっとと幕を張りノンビリすることにしました。10時半!(笑)

やや風が強かったので寄らば大樹の陰ということでデカい倒木群を風よけにしました。


1545607135563.jpg

準備が整いホッとくつろいでいると晴れて来ました!
お日様が出るとあったか〜い!風もやんだ。
では水作りも外で。

1545607058407.jpg


のんびりと定番のカモ鍋をつつきまったりしてもまだ昼すぎだ💦


1545606922842.jpg


どうやら酔っぱらって夕焼けも見ずに寝てしまったようだ(泣)
ぐっすりと寝て起きるとなんとまだ22時半(^^;)参ったね。
月が煌々と明るく、ツェルト内の作業にヘッデンが要らないほどだ。


翌朝は真面目にピークを目指す。
朝は尾根の北側がなんと雲海!
積雪は少なくワカンの出番は無くツボで大丈夫。


1545606743982.jpg
積雪は深いところでもこの程度。


鹿だらけなのでありがたくトレースを拝借。
鹿も極力アップダウンの労力が少ない、人間と同じルート取りをしているようだ。

1545606822513.jpg


1545606885837.jpg


途中、熊の足跡を発見!熊を追うハンターと思われる足跡が追従している(^^;)


1545606838985.jpg

コワいので(熊もコワいが撃たれるのもコワい!)、暑いけど赤い上着が脱げない!
脱いじゃうと熊とおんなじ黒い服!(^^;)


1545606766410.jpg


ピークにはこんな地味な山なのに何故だか山名表示板が3つも付いている。(いらね〜!)


1545535288231.jpg


晴れてた山もガスって風も強まってきた。冬型に捕まる前にとっとと下山することにしよう。


1545606669226.jpg

目印の赤布を回収しながら下山する。
この尾根は広いうえに派生する支尾根もいくつかあるので方向を失いやすい。
ピストンの場合、赤布は多めの持参がおすすめ。

中三依の駅に降りる場合、尾根がいくつにも分かれるので、どのルートが一番楽チンなのか考えてしまう。
スリップ禁止の急斜面なので、雪の状況によっては気を遣わされると思う。
それにしても登り以上に洗面器がウザい!アブナイ!も〜イヤ!
せっかくくっつきかけたあばら骨を再度折るわけにはいかないので慎重に下りる。

駅前には何もないです!(冬はみんな休業中。トホホ。)
ひなびた無人駅ですが、トイレと水道があります。
となりの湯西川駅で温泉につかって食事をすることが出来ます。(駅直結。)


1545606613617.jpg

湯西川はシトシト雨模様でした。
やっぱり三依山で良かったのかな。
posted by うど子 at 21:46| Comment(2) | ‐雪‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする