2017年05月12日

5月の飯豊リハビリ

2017/5/3~6
メンバー:うど子、usan、遊、ヒロポン

大日杉小屋より地蔵岳をへ飯豊本山、体調に余裕が有れば大日ピストン。
うど子が組んだヨレヨレ老人の為のリハビリー山行である。

つい最近、我が会にバリバリの体育会系の大型新人が入って来た!不思議? 身長190cm  ○○ヒロシ  勝手にヒロポンと呼ぶ

5月3日快晴
大日杉小屋まで車が入り、フキノトウを少し摘んで大日杉小屋から登りだす。
ザンゲ坂はナカナカの急登だが、適度に雪が着いて登りやすい。今年は残雪が少しは多いみたいだが年寄りの病明けには少々こたえる。地蔵までの登りに何度も休憩を取ります。


P5032398.jpg
だまし地蔵へ


P5032403.jpg


天気がよすぎて暑いです。地蔵を越えた鞍部でテントを張ります。


P5032411.jpg


P5032437.jpg


P5032427.jpg


P5032423.jpg


5月4日快晴

6時前にはテンバを後にする。今日は本山までの散歩だ。稜線は所々腐って落ちた所はあるが、夏道を拾ったり軽いヤブを拾ったりで、困難な場所はない。

P5032410.jpg
テン場より切合小屋方面を見る


P5042530.jpg


P5042527.jpg
大又沢源頭部

絶えず雄大な本山の姿を眺めながら老体にむち打ってユックリと歩を進める。


P5042534.jpg
切合小屋は2階から出入り可能


P5042524.jpg
小屋近くから本山方面を見る。


P5042525.jpg
本山は大きい。実際に見るとスケール感すごい。滑りたい。帰りはあの尾根下ろうか…


P5042547.jpg
御秘所の岩場は夏道露出で容易。この先の御前坂も夏道。


1時過ぎには小屋に着いてしまうが、荷をといてゆっくりする事にする。


P5042562.jpg
本山小屋も2階から


P5042561.jpg
トイレは雪に埋もれていてまだ使用不能


この小屋をベースにしたスキーヤーが7~8人いる。
この近辺はヨダレの出るようなステキな斜面ばかりだ。もう少し元気になったらスキーを履いて来たいものだ。


P5042550.jpg
実川ビンカガクチ沢源頭部と大日岳


本山まで足を伸ばしたり夕日を見たりでのんびりし、さも大人数みたいな小屋の場所取りをして、早々に宴会に入る。


P5042564.jpg
烏帽子岳?


P5042569.jpg
夕陽に染まる大日


P5042581.jpg
たまらずビール片手に本山まで長靴で散歩

しつこく夕陽写真を🎵

P5042579.jpg


IMG_5111.jpg


IMG_5114.jpg


IMG_5113.jpg


P5042589.jpg



ヒロポンは遊ちゃんの鄙猥な世界に引きずり込まれ、妙に入り込んでる。大丈夫か?この新人

明日は大日岳まで足を伸ばすつもりでいたが、翌日の前線の通過と私の体力を考えて、朝から下山する事となった。
宴会後 イビキ三重奏!


5月5日快晴

下山するにはもったいない天気だが、飯豊本山までピストンし、下山にかかる。


IMG_5119.jpg



IMG_5117.jpg
飯豊はここからが良いでぇなんだけど。今度は滑りか沢から?🎵


IMG_5116.jpg
名残惜しい。


山を愛で、鄙猥なテンションを挙げ満足しながらの下山。

私にとっては明日の山を見させてくれる、有り難い山行でした。
サポートしてくれた皆に感謝!
下山後はまたまた大日杉小屋を借りての大宴会でした。
usan


続きを読む
ラベル:飯豊  雪稜 残雪
posted by うーさん at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ‐雪‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする