2017年06月19日

リーダー会の無茶修行-大石川東俣沢

2017年6月17日〜18日

D-Arai師、オベ

【タイム】

6/17 大石ダム彫刻公園駐車場ゲート0900〜ブナイデ橋1030〜カモス橋1200〜カモス峰1300〜権内峰1400

〜テンバ1645釣り1900就寝2100

6/18 テンバ0900〜釣り終了1040〜テンバ1130〜テンバ発1210

〜ゲート1425〜上関共同浴場1515〜道の駅1600〜D-Arai2015


@関川まで高速でピューっと行ってよぉ、

A林道をちゃっちゃと歩いてよぉ、

B登山道をちょろっと登ってよぉ、

Cいいころ合いの所でぺっぺと降りるとさ、もうパラダイスよ!魚も山菜もバッコンバッコンよぉ!

Dそこで泊まって、帰りはまたちゃっちゃっと登り返して帰るんだよぉ・・・・・・


というD-Arai師の言葉にのせられて、行ってきました大石川東俣沢。下流部のゴルジュ帯『矢櫃の通らず』をパスし、上部から沢に入ろうという計画なのだが・・・・。計画が甘かった。甘すぎた。ルノ〇−ルのココアよりも甘かったのだ。


アプローチだけは、計画@通り。本当に『高速で関川までピュー!』っと着いた。前泊場所で豚しゃぶをつつき、D-Arai師とほくそ笑みながら就寝。


翌朝、起点となる大石ダムの彫刻公園を目指す。ここにはゲートがあり、施錠してある。D-Arai師は、前日に役場に電話してカギを開けておくよう頼んだらしいのだが、イキナリそんなお願いしても聞いてくれるはずはない。ここから歩き出す。登山道まで計画Aだと『ちゃっちゃっと』行けるはずなんだが、久々の重荷ではなかなか歩が進まない。やっと登山口に続く橋(モウガケ橋)に到着。

ここから登山道となる。計画Cでは『ちょろっと』登るはずなのだが・・・・100mくらいの高低差を登下降して、第二の橋(カモス橋)。そこから一気に500m高度を上げてカモス峰。そこから更に150mほど登って、やっと下降地点となる権内峰、という、結構ハードなコース。ヘロヘロになりながら権内峰にたどり着き、あぁ、こんなはずじゃなかった。とあたりを見渡すと・・・・・

上部の枝沢という枝沢はビッシリ雪渓で埋まっている。眼下の本流も、見事に雪で埋まっている。計画Cのように、『ぺっぺ』と降りられそうにない。よしんば降りれたとしても、釣りどころの騒ぎじゃぁないし、泊まる場所もあるかわからない。何より、二人ともヘロヘロだ。万が一泊まれたとしても、計画Dの通り『ちゃっちゃっ』と登り返すことなんてできるんだろうか・・・・・

D-Arai師の『だめだこりゃぁ』の一声で、あっさり下山を決める。

それからは地獄の下降。急傾斜の下りに脚が悲鳴を上げる。おまけに、すっかりナメきってたので、二人とも水切れで脱水症状寸前。もう少しで意識が遠のこうという時に、モウガケ橋に到着。いやぁ、危なかった。二人で水をガブ飲み。


絶好のテンバを見つけ、そこにタープを張り、二人して釣りに出かけるも、

・ワシが竿を流される事件。

D-Arai師が、キープ袋に穴が開いてるのに気づかず、逃げられる事件

D-Arai師が、頭につけてるにも関わらず、ヘッデンがないないと探しまくる事件

など、色々と事件が勃発()

逃げきれなかったイワナと、下山中にとったウドをつまみに焚火を囲むも、疲労困憊のため21:00に撃沈。


翌日、朝からD-Arai師が釣り上げた2尾を焚火にかざし、釣りに行く。

今日はモウガケ橋からカモス橋の間を釣り上がり、カモス橋から登山道を下山してこようとの計画である。

D-Arai師がイワナをちぎっては投げちぎっては投げように釣るのだが、いずれもリリース。

そのうちゴルジュが本格的になり、泳がないと突破できなくなってくる。二人ともタイツなんか履いていないので、渡渉すると、ナニが縮んで消えちゃう位の冷たさなので、2時間ほど釣り上がったところで上に上がる。そこからテンバに戻り、火にかけておいたイワナとおにぎりを食って、下山開始。痛む脚を引きずりながら、やっとの事でゲートに到着し、100円で入れる共同浴場で汗を流し、帰路に着いた。


そう簡単にパラダイスには行けませんねぇ。甘かったですねぇ・・・・。と、リーダー二人で反省しきりの『無茶修行』でした。


(オベ)


posted by 梁山泊Web管理者 at 15:33| Comment(1) | TrackBack(0) | ‐沢‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

武尊山 塗川 西俣沢カラ沢

2017/6/10

メンバー: CL信、USAN、ヒロポン、うど子、Fちゃん(ゲスト:体験参加)


毎年6月の会山行のテーマは雪渓処理/山菜だ。
今回は体験参加のFちゃんを迎え、易しい雪渓の体験できる武尊山の沢、塗川西俣沢カラ沢に行ってきた。

この沢はずいぶん前にUSANとうど子は2回位訪れており、お手軽な雪渓入門が出来る沢だというのは体験済みなのだ〜。
武尊山の沢はどれも6月に入渓可能な便利で手頃な沢なのだ〜。
以前はまぁまぁ遡行者を迎えていたはずだが、最近はあんまり遡行頻度が高くないようだ。

前日武尊牧場の駐車場に泊まり、翌朝6時頃出発(快挙!)。
午前中は快晴。
駐車場トイレ脇の堰堤を渡って西俣沢林道ドンずまりから踏み跡をたどり適当なところから入渓。
以前来た時よりも踏み跡が明瞭になっていた。

IMG_5686.JPG


IMG_5688.JPG


しばらくは平凡な沢筋。
ヌメリが多くて歩きにくいけど体験参加のFちゃんも無難にこなしている。

シロビレ沢を分けると間もなく5mほどの直瀑が現れる。

IMG_5729.JPG

以前は何の苦も無く右壁を登ったが、どうやら以前の大水災害のせいか右壁の下部取付きはえぐれてハングっている。
身長190センチのヒロポンにショルダーしてもらって上がろうか?でも後続が…💦
水量が少なければシャワーという手もあろうが、平水よりも水が多く雪渓の水は冷え冷えなのでシャワーはあきらめる。

更に右寄りの壁を期待の強力新人、ヒロポンがリーチを生かして果敢に攻め登り切る!

しかしホールド/スタンス共に非常にもろく、ことごとく動くし落ちてきて全く信用できず危険だ。
後続は大人しく右岸から容易に巻く。

う〜む。
この滝を登らないと、もう滝らしい滝はなかったような記憶があるんだけどな〜💦

ため息も出るが、平凡な沢筋をウドやウルイに気を取られながら歩く。

IMG_5707.JPG


IMG_5714.JPG


IMG_5753.JPG


小滝がいくつか出てきた。

IMG_5744.JPG


IMG_5745.JPG


沢全体に(特に中間部より下部)以前よりもずっと脆くなっているようだ。
昔ははどの滝も楽しみながら容易に越えたはずだが、今日は巻きが多くなる。

以前ヒールフックで右壁から越えた滝はお助けをもらってやっと登り切った。
やれやれ、ずいぶん劣化(老化)してしまったなぁ😞情けなし。

やがて雪渓が沢を埋めるようになる。

IMG_5755.JPG

予想よりも早めの登場。ずいぶん多い!

IMG_5758.JPG


雪渓処理というよりは、淡々と雪渓歩きで春山に歩きに来たかと錯覚するようだ。
おかげで?かなり楽が出来たが、これではあんまり雪渓処理のトレーニングにはならないかもね(^^;)


昼過ぎには予報通りに天気が崩れ始めた。
雷も鳴り風も出てミゾレが落ちてきた。寒〜い💦
冷たい雨の中冷え冷えで雪渓を登っていく。

C1730あたりから本流を捨てC1900あたりを目指して右の沢に入ることにする。
極力雪渓をつないで行き藪を漕がなくて済むので助かるが、楽しみにしていたネマガリも雪の下💦

登山道直下でワンポイント密藪を漕がされただけで済んだ。
川場谷もカラ沢も源頭部はネマガリが密なので、6月じゃないと藪に苦労すると思う。


IMG_5760.JPG
登山道に抜けたところ


Fちゃんも無事に登山道到着!お疲れ様でした〜!良く頑張りました!
雪国の沢の魅力や危険を身を以て感じていただけたでしょうか?
この体験を通じて更に魅力的な沢登りの世界を広げて頂けたらと思います。
(追記:Fちゃんはその後入会と相成りました〜!)



稜線はガスと雨風で何の展望も無し〜💦


IMG_5762.JPG


沢筋もさることながら、登山道の雪も下手したらスキーが出来そうなくらいかなり下まで残っていた。

冷たい雨風の中、寒さに震えながら武尊牧場の駐車場に到着。
風呂で冷え切った体を解凍し、しっかりゲットした山菜でビールを沢山沢山飲んで翌日帰りました〜♨🎵


この沢は、6月は容易な雪渓と巻き、ちょっとした草付/泥壁やヤブコギも体験出来るので、沢登り初心者が経験者と共に初めて雪国の沢を体験できるお手軽な沢だと思いますが、滝の直登はかなり脆いので注意が必要と思います。



IMG_5770.JPG





posted by うど子 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ‐沢‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

沢シーズン開幕!

2017/6/3-4

USAN、うど子


4月のレスキュー訓練、GW山行、5月の沢始めと続き、頭の中はまだ半分白い季節への未練を残しながらも、新緑まばゆい沢シーズンが今年も始まった。

さぁ、出かけよう〜!会津の愛しいいつもの渓へ。

前日から降り続いた雨は、朝起きてもやっぱり止まず6月にしては寒気が入り寒〜い一日の始まり。
某団体様に寝床を追われ寝ぼけ眼で出発。
嗚呼、ここでも数の論理か。関係ないか。

柔らかなブナの新緑がスラブに映えて美しい。

渓は増水気味なのでぜんまい径通しで歩く。
雪渓の残り具合は例年よりちょい多い程度で、山菜はいつもよりまだ1,2週間早い感じ。

オバケわらびにはチト早めだけどわんさか。

ウドはいつも通り。

コッシーは超超わんさか!惚れ惚れするふっくら柔らかコッシー。

ネマガリわんさか!シオデ少々、オオナルコユリほんの少し。

ウスヒラ少々、エノキちょびっと。

ウルイ3()

雪融けたばかりでまだ出てませんでした!


木の芽は超超超超超わんさか!

太くてみずみずしく大量な木の芽に「お〜っスゲエ!ムラムラする!」と手当たり次第に手をのばそうとする御年ン歳の当会会長。

「そんなにとってど〜すんの!」と御諫めすると「だって卵が…」ですと。

ナニ、巣ごもり卵のことであります。

苦みが物足りないくらい少ない柔らかな絶品でした!



1496641484415.jpg



水が多いので岩魚がホイホイ。おかずの分だけ頂きました。

刺身やうど和えが旨かったっす🎵



あれ?沢の記事ではないね!(^^;)

6月だから仕方ないね?(^^;)


posted by うど子 at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ‐恵‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする