2017年09月18日

タカツコ沢

タカツコ沢 2017/9/16-17
メンバー: ディーン、ウド子、ガラ中、ノブ、福、ヒロP


台風18号が9月のシルバーウィーク三連休に直撃するかもと、
台風進路が気になる中、
一旦決まった袖沢北沢を中止し、
飯豊連峰三国岳の南東面を源とするタカツコ沢に決定。
予報では、1日目は大丈夫。2日目は午後から天気が荒れる予報。
でも、日帰り可の短い沢なんで、問題ないと言うことで、行って来ました。

日付が変わり25:30ごろ、御沢キャンプ場に到着して見ると、
台風がこちらに向かってる予報にも関わらず、
駐車場には、前泊の車がいっぱい。
恐らく、一般登山者も台風を気にして、
初日に三国小屋に荷物デポし飯豊山ピストン、翌日下山なんだろう。


タカツコ沢は飯豊の初級の沢。
でも、そこは飯豊。
初級と言えども油断禁物と思いながら遡行開始して見ると、
なんて事はない小滝が良いペースで出現して来る。
あえて悪そうな方を登ってみようとか遊び感覚出来るほど、
危険な感じもせず、殆どの小滝を登れる。
一箇所、凹状の3mくらいのが、無駄に高い身長と、最近横幅も増えつつある体が、狭い凹には邪魔になり、空身で登って荷揚げしたくらい。
テン場となる、おっかえし沢の出合までは、本当に初級でした。

テン場の宴の最中も、雨が降ることもなかった。
翌日の台風情報が気になりラジオを聞くと、
当初の予報よりも進行スピードが落ち、下山日には雨に降られる心配もない事がわかり一安心。


2日目は、タカツコ沢を詰め上がり、三国小屋に出てから下山の計画だったけど、
進路を東に取り地蔵沢を詰め登山道に出る計画に変更と言うので、残念ながらタカツコ沢のメインのスラブはお預けとなってしまった。

初級の沢で、
日帰り可を一泊二日、
且つ枝沢にエスケープ…。
"なんだかなぁ…↓"とテンションだだ下がりの消化不良の山行でした。。。


あぁ、台風が憎らしい。

記 : ヒロP

posted by ヒロポン at 09:20| Comment(0) | ‐沢‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

尾白川 黄蓮谷 右俣

尾白川黄蓮谷右俣

2017/8/1315

オベマツ(CL)、NASさん、うど子さん、ディーンさん、ノブさん、ヒロポン


8/13 8:45矢立石登山口 15:00黄蓮谷出合

8/14     7:00黄蓮谷出合 ー 17:002360m野営地

8/157:00野営地 ー 17:15 竹宇駒ヶ岳神社



入会して初めてのお盆山行。

どうやって行き先が決まるのかなぁと思っていた。

会のメールで各方面の候補沢が上がる中、南アだけ漠然としている。

オベマツさんとのジム帰り、赤羽の飲み屋にて、


ヒロP「黄蓮谷に行きたいっス!」

オベマツ「黄蓮谷ね、いーよー」


酔ってて明日には忘れてないよなぁー、と思いつつホッピーを飲みまくった。

メジャールート故に、ミーハー感が否めないが、新人にはこう言うのも必要なんです。。

快諾してくれた先輩方に感謝です。




8/13  林道歩きながらキノコ採取しつつ、入渓の為、懸垂する。

IMG_6198.jpg


直近の台風や雨の影響で、増水している模様。

特に難しい所もなく、約4時間の遡行で黄蓮谷出合いに到着し、本日の野営地とした。

メジャールート故に、魚は釣れないだろうと思っていたが、

ディーンさんとノブさんが、しっかりその腕前を披露してくれた。

毎度の事ながら、釣りへの情熱に感服いたす次第。


IMG_6196.jpg


IMG_6197.jpg

ノブさんの尺イワナを含む計12匹、美味しく頂き、焼き枯らしは翌日の行動食に。




8/14  昨夜降った雨の影響もさほど無く、今日は、いよいよ黄蓮谷遡行。

スケールがいちいちデカイ。

IMG_6199.jpg


IMG_6195.jpg



登攀も巻きも、落ちればタダで済むわけが無い所を歩いているにも関わらず、

何だか今回の山行は、妙に安心感があるなぁと思いながら遡行をする。

そろそろいい時間になってもなかなか良いビバーグ地が見つからないなと思って居たところに、

何とか6人寝れる場所を発見。

とは言え、スラブの中に出来たちょっとした平地故に、トイレが危ない、危ない


何とか薪も確保できて良かった。

IMG_6194.jpg



8/15 昨日かなり歩いたのにまだあと700mは詰めるのかと思うと、黄蓮谷の大きさを感じずにはいれない。

Pasted Image 0.jpg

もはやどれがどの滝かもよく分からなくなってきたところで、ハイマツ帯に突入した。

サクッと漕いで登山道に到着。そこから駒ケ岳山頂まで距離で約300m程度。

でも誰も山頂を踏まず、下山方向へ。

あとは登山道を下山するのみなのだが、まぁ長い、長い・・・。

毎回どうしてこうも下山はうんざりさせられるのだろうか・・・。




1ヶ月前の山行の記録なので記憶が曖昧だけれど、

楽しい夏休みでした!

次からは、どんな沢でも竿は必携だと勉強になりました。

ちなみに、ノブさんの釣ったイワナを画像処理で実寸計測してみたところ、

32cmでした。デカっ!

ーヒロポンー





posted by ヒロポン at 13:03| Comment(0) | ‐沢‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

北ノ又川 白沢

2017年8月5~6日  メンバー USAN・うど子













出合いの3段滝.jpg
ペラペラの雪溪.jpg




一夜の宿.jpg



死にそう.jpg



ラベル:雪稜 小滝
posted by うーさん at 23:21| Comment(2) | ‐沢‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする