2018年02月19日

雪山入門  上越 棒立山(中退)

2018/2/17-18

メンバー:CLうど子、ヒロP、ロバ君

(写真は後ほど追加予定)


2月の会山行は、雪山初心者のロバ君のために、ヤマテンで大荒れ情報の出ている谷川の前衛、タカマタギ方面へ。


うど子さんより、前日に「明日は大荒れ情報出ているが、行く気はあるか」の問い合わせ。

大荒れが予想される中、二人にお金と時間をかけさせて、自分一人のための訓練に付き合わせるのは申し訳ないと思いながらも、「荒れた雪山に行ける機会もないのでお願いします」と回答。


土曜日、新幹線で越後湯沢に向かい、始発の上越線に乗って8時29分に土樽到着。

ルートファインディングをさせてもらい、タカマタギへの取り付き部までの林道を歩くが、林道が雪に埋まってよくわからない。

うど子さんの「一つ目の尾根あったね。これ、ヒント。」の声。

林道の曲がり具合と方角と沢の位置しか考えておらず、尾根の数なんて考えていなかった。

なるほど。。。なんとか、「取り付き部はここです」、と尾根を登り始める。

思ったほど、雪は深くなく、それほど、雪も降っていなかった。


当初、1050m付近の尾根にぶつかるところにテントを張る予定であったが、夜に雪がたくさん降りそうなので、850mの樹林帯に変更。


テントを張るときの注意事項を教えてもらいつつ、テントを張り、テントの周りに雪の壁を作る。本当はブロックをテントの高さまで積む必要があるのだが、今回は麓で雪もそれほど降らないだろうということで、雪を積むのは途中で終わりにし、そそくさと宴会の準備。昼間早くから、飲み始める。飲んでいると、やっぱり山の話に。

いつもはたくさんお酒を飲むひろぽん。今回は、体調がよくないのか、あまり飲まない。うど子さんがひろぽんのビールや焼酎を「いいの?いいの?」と聞きながら、嬉々として飲む飲む飲む。




夜中、風が強く吹いたけれども、それほどでもなく(うど子さん曰く、1213メートル)、夜も雪かきで起きる程ではなかったが、朝、外に出てみると、前日の景色とは違っていた。

テントの裏にも雪が吹き溜まっていた。


ピッケルの使い方を教わった後、C850地点からC1050への尾根をラッセル体験。


手で新雪をかいて進んでいると、だんだん傾斜がきつくなってきて、なんとなく、雪崩が起きてもおかしくない雰囲気。本に書いてあることはそういうことなのか、と思っていたら、うど子さんが来て、雪崩が起きそうで危ないから、ということで下山。

(一晩の新雪だけで身長以上の積雪深。)


下山の際、ワカンでの下り方を教わったが、途中、木に寄りすぎて、気の根っこにワカンがはまって抜けなかったり、雪が深いところで転んだり。でも、あっという間に林道まで下りた。

下まで降りたと喜ぶのもつかの間、林道のラッセルはキツかった。

雪が吹き溜まって深く(概ね腿〜股、時に腹)、平ら。三人で先頭交代しながら進んだ。



雪が深くて、ひーひー言っていると前方に毛渡沢方面に向かう真新しいラッセルの跡が!有りがたく使わせて頂きスピードアップ!

やっと、車道に出て時間を確認すると、電車の時刻まであと20分。急いだものの、5分足らず、乗り遅れ。電車は2時間待ち。バスは1時間半待ち。バスに乗るつもりで、土樽駅で時間を潰すことに。


バスを待つ間、レール除雪作業員が「大雪で電車止まってますよ〜。」

「まさかバスも?」と思って慌ててバス会社に電話すると、「今日は日曜なので、そのバスはありません。」電車もない。バスもない。仕方がないのでタクシー会社に電話。

「中型車は電車が止まっているから出払ってます。ジャンボタクシーならあります。」

3人でジャンボタクシー。でも、仕方がない。。。

ジャンボタクシーの運ちゃんが土樽駅まで来ると「あの雪の中、山に行ってたの〜?(駅まで)誰の足跡かと思った〜。」と大笑い。我々はアホな人種らしい。。。

タクシーでスキー場併設の温泉に乗り付け、湯沢温泉駅前の焼き肉屋で飲み、新幹線で帰宅。電車だと飲んで帰れるのはいいね(ヒロポン談)。

やっぱり、山のあとの温泉とビールは最高。


【やったこと、今後の課題】

1 ラッセル(平地、登り斜面、下り斜面)

2 ワカンでの歩き方(平地、登り斜面、下り斜面)

3 ピッケルの使い方(アンカーとして使用、方向転換、耐風姿勢、歩くときの用法)

4 雪崩そうな斜面(本の知識を現地で目視にて確認)

5 雪庇(本の知識を現地で目視にて確認)

6 雪山でのテントの張方

7 ルートファインディング(もっと早く確実に)

8 寒さ(寒さに慣れて荷を軽くしてスピーディーに行動すべし)

9 天気(本を読んで、勉強せねば。。。)

10 体力増強


【雑感】

雪で景色もよくなかったが、自分にとっては、雪山技術を教えてもらい、自分の甘さを認識することができたので、今回の山行は有意義なものであった。

会に入って8ヶ月が経ち、沢、岩、雪山、アイス、概ね、一通りのことを習った。

「これからは教わったことをベースに少しずつ経験を積んで、自分の目指す方面に進んで」と言われて新社会人の気分のようなワクワク感を感じた。

時に叱られ、凹み、悔しがりと、青臭く苦い感情を抱くのも新鮮で、いい大人になって、そんな気持ちになるなんて思わなかった(少し、感動)。

これからは、地道に知識と経験、トレーニングを積んで、自分の目指すところに近づけたらいいなあ。

最後になりましたが、雪の中、お付き合いいただいた先輩方、ありがとうございました。


記:ロバ

posted by うど子 at 07:10| Comment(0) | ‐雪‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

会津 大戸沢岳 東尾根〜桑場小沢 山スキー

2018/2/10

メンバー: USAN、うど子


久々に山スキーに行ける機会を得たので、会津の大戸沢岳に行ってきました。
2009年の4月に一度行こうとしてあまりのヤブに辟易して戻り、駒ピストンに変更した経緯があります。

今回はリベンジ。上部の面ツル斜面が魅力的だと思っていたのです。


年寄りだし久々のスキーなので、東尾根から登り条件が許せば桑場小沢滑降、ダメなら往路を戻るという作戦としました。

大戸沢岳は最近人気があるようで、この時期というのにお隣の駒よりも当日は入山者が多いようでした。(10人以上居たかも。)
技術的にも体力的にも駒よりも大変だと思いました。
にわかBCスキーヤーだけだと危ないかも。
また、車を止める場所が少ないので注意が必要です。

今年は里雪型ばかりで福井など北陸は災害級のドカ雪に見舞われていますが、山の積雪は拍子抜けするほど少ないようです。

三連休ですが前日はドピーカン、当日は午後から雪の予報でしたが予想以上に気温が上がり日差しも強い。
雪質は期待出来ませんが、締まってクラストしているところもありかなり安定しているようです。

東尾根は中間部には広くて緩やかな雪原が広がってますが、下と上は30度以上の急斜面で標高差も約1200mあります。
急登が続く登高は暑くて暑くてシンドイものがありました。
終わってみれば夜まで天気は持ちました。

トレースもありましたが、ありがたく拝借しながらも適宜自分の登りやすいルートを開拓して登っていきます。
途中、忘れ物を取りに戻ったり仕事の電話が入ったり両足の腿が攣ったりしながらノンビリとマイペースで。

あ、カメラは家に忘れて来ました(^^;)
かろうじて携帯で写メを数枚撮ったのみで肝心な良いところの写真がありません。


大戸沢岳3.jpg
心癒される雪原もある。テントも雪洞もOK!


案の定雪は決して良くありませんでしたが、何度もキックターンを繰り返しヒーコラ言いながらなんとか上部面ツル斜面まで到達。(モナカ!)


大戸沢岳1.jpg


大戸沢岳2.jpg


滑り出しからしばらくは40度以上はあろうかという我々には足のすくむような急斜面(^^;)
なかなかスケールの大きな素晴らしい斜面です!
すげえぇぇ〜!どこでも全部が垂涎の斜面!
スキーの下手くそな我々でもオオッと声が出ます!


上部は重い深雪でした。
ルーファイしながら下手くそなりにブォンブォンと浮遊感を楽しみましたが、どこもかしこも雪崩の好適斜面でビビります。


警戒しながら気合い入れて滑りました。
滑りは標高差にして約1200ありますが、桑場小沢は下大戸沢の広い沢床に達するまでは本当に雪崩の巣ですので、天候の履歴や当日の雪の状態に十分な注意が要るでしょう。
こんな巣の中では休憩もオチオチ出来ません。
というか、上部面ツル斜面にしても雪崩には要警戒です。
余程条件が良くないとヤバそう。


最近は東尾根から北東尾根に回り、途中から中ノ沢の傾斜が緩んだあたりに出るルートが良く取られているようでしたが、なるほどこの方がもっと安全だと思いました。
中ノ沢、桑場小沢、三岩沢などの沢筋は登路にはしない方が身のためだと思います。
デカいのが来たら下部まで到達しそうです。
ネットなどでは尾根の呼称がちょっとまちまちだったりするので、ルートは自分で判断しないと混乱するかも。


桑場小沢のC1600くらいから下、枝沢が集まって沢幅の狭まる辺り(雪崩の巣の中心部!)では、この人生で最悪のモナカ雪に苦しみましたが、沢が広がってきた下部の緩斜面では、モナカは収まったものの、斜面の凹凸どころか地面なのか山肌の壁なのかすら分からずホワイトアウトのような目の回る感覚を味わい、何度か突っ込んではすっころび足を取られてなかなか起き上がれませんでした。
消耗するわ〜。


国道手前の下大戸沢の下部ではボーゲンすらままならぬ酷いずたずたガビガビガチガチのクラストに苦しみました。
下部に到達してからの方が時間が掛ってしまいました。
雪が良ければなんつうことなくあっという間に国道まで出られるはずです。

沢は下部では埋まらずに開いており、下手にぶっとばしたりすっころんで沢に落ちれば這い上がれずあの世に行くでしょう。(実際昨シーズンは穴に落ちる死亡事故があったようです。)

かろうじて狭いブリッジが渡れ渡渉は免れましたが、厳冬期でこれでは春が思いやられると思いました。
桑場小沢と下大戸沢出合い付近でもどこからかジャージャー水音が聞こえました。
雪の薄いところがありそうです。


屋根の雪や国道の雪も融けるほど気温が上がりましたが、夜からは雪で冬型に。
しばらくの間、雪崩には最大限の警戒が必要な状況と思われました。


何はともあれ無事に下山、ビールで乾杯!ん〜、たまらん!

下手くそなりに久々に快感と充実感を感じたスキーで楽しかった〜!

やめらんね〜🎵




posted by うど子 at 19:49| Comment(0) | ‐雪‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

毎年恒例 雲龍渓谷アイス

*ブログアップが遅れましたm(__)m

2018.02.03-04 雲龍渓谷アイス 1泊2日

メンバー:勇さん(CL)、ロバ君、みのり(記)

勇さん毎年恒例の雲龍瀑詣。今年も行きました!
今年は、私みのりがワガママ言いまして、例年1月最終週→2月1週目に変更。
今回のメンバー、ロバ君、みのりは雲龍渓谷お初。

この週、私の家族がインフルエンザに羅漢するという緊急事態が発生し、発症リスクを追っての決行でした。

■02/03(土):1日目

何時に起床したでしょうか。もう思い出せません。
約5時間のアプローチです。
幕営具に加え、クライミング用具一式...
ロバ君なんて、勇さんの焼きそば3玉を背負わされていますw

OI000315.jpg

重荷が堪えます💦
ヒーヒー、ハーハー、ゼーゼー。
やっとの思いで、雲龍瀑目の前絶好のテン場についたのは、15:30過ぎでした。

OI000326.jpg

2パーティが取り付いていますが、我々はさすがにアイスをする気力もなく、
テントを設営し、夕餉の支度をします。
ロバ君自慢の野菜で、チゲ鍋を囲み、今宵の宴も盛り上がります。
もちろん焼きそばもいただきます。

19時を過ぎた頃、私みのりを寒気が襲います。
念のため持参した体温計で熱を計ると、38.5度・・・ ヤバイ。マズイ。
熱には強い私ですが、インフルエンザは未経験。
翌朝、熱が下がっていることを祈りながら、就寝。

■02/04(日):2日目

朝起きると、私の熱は少し下がり、38.0度。
体の感じは悪くない。『アイス出来ます!』
一方、ロバ君。手が腫れ(原因不明)、触れても痛むほど。残念ながら、今回のアイスは断念することに(涙)

OI000328.jpg

大滝の手前10m程の壁を登ります。
モノポイントにアイゼンを換装した勇さんは軽快に登ってました

勇さん曰く、年々氷が少なくなっているとのこと。(過去はもっと氷の世界だったんだとか)
今年は冷え込んでいたはずなので染みだしが少なくなっているかも??

20180404083317504.jpg

20180404083459328.jpg

数本ルートを変えて登り、11:00には撤収。

またまた長いアプローチを歩いて帰りました。

*帰宅中の車内にて、私の体温は39.5度を記録。眠くないのに意識が飛ぶ、飛ぶw
 翌日診察を受けると、紛うことなくインフルエンザAでした。
 その後、勇さん、ロバ君は発症せず、胸をなで下ろしたとさ。

記:みのり
posted by みのり at 08:29| Comment(0) | ‐雪‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする