2018年04月18日

レスキュー訓練

2018.04.15 レスキュー訓練

メンバー:NASさん、うど子さん、オベ松、トシちゃん、勇さん(CL)、
     信さん、ヒロP、ロバ君、新人Iさん、みのり(記)

季節の移り変わりは早いもので、桜もあっという間に散りました。
暖かくなり、なんと夏日を記録する日も!
いよいよ2018年度シーズンがスタートです。
週末は、毎年恒例・レスキュー訓練を実施しました。

沢シーズンオフの期間に、トレーニング不足の我々(-_-;)
前日4/14(土)有志にて『阿寺の岩場』で岩トレを実施しました。
ロープワークの基本の確認や、登り返し(プルージック登攀)などを行いました。

OI000002.jpg

roba_岩トレ_5.jpg

15時過ぎには切り上げ、前泊地へ移動。
17時頃から宴開始。
勇さんのラムしゃぶ、新人Iさんの高級焼肉でおなかいっぱい。
「腹が苦しい」と文句をいいながらも、勇さんお決まりの焼きそばも平らげ、
宴は深夜まで続きました・・・

翌日04/15(日)の天気予報は午前中風雨。
どうなることやら・・・と心配しながら就寝しましたが、
朝05時に起床したところ、小雨。予定通りの催行決定。

さてさて、本題レスキュー訓練ですが、
 ・ビレイからの自己脱出
 ・1/3、1/5引き上げシステム
 ・介助懸垂、背負懸垂
 ・要救護者の移動方法、搬送方法
などを実施しました。

roba_rescue_1.jpg

OI000016.jpg

OI000013.jpg


レスキュー技術・知識はもちろん身につけなければいけない事ですが、
なにより『レスキューが必要な事態を防ぐこと』が重要だと痛感しました。

日々の勉強、訓練、トレーニングを積み重ね、
今シーズンも事故ゼロで、沢、山を楽しみましょう!!

記:みのり

posted by みのり at 05:22| Comment(0) | ‐他‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

布引尾根滑走

メンバー:nasB, ウド子、Oka
日時:2018/3/11


nasBとウド子さんに誘われて久々の山スキーに行きました。
場所は宝川、布引尾根です。
出発は宝川温泉7時くらいでした。とってもいい天気でピーカンです。
スキー場アプローチではないので、静かでいい気分ですが、アプローチというか登りがなが〜い。
13時くらいまで登りましたが、ようやく木々が開けてきてスキーで滑るのにいい感じになってきたところで、もういいべかとシールを外しました。
ここはやはり、ウド子さんの言うとおり途中で1泊したほうがさらに滑りのためにはいいかんじですね。
雪もいい感じでメローな春山ジョイでした。



posted by okapooon at 13:10| Comment(0) | ‐雪‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

銀山平〜日向倉山〜未丈ヶ岳


2018.03.31-04.01 銀山平〜日向倉山〜未丈ヶ岳 1泊2日


メンバー:NASさん(CL)、うど子さん、みのり(記)



奥只見シルバーラインが3/28に開通!

週末は、すこぶる天気も良好。

NASさん企画の『銀山平〜日向倉山〜未丈ヶ岳(ピストン)1泊2日』に参加させていただきました。


-----

■3/31(土):1日目 銀山平〜赤崩山〜日向倉山


6時(?)に起床し、即撤収。

コンビニでコーヒーを調達し、朝食を済ませ、シルバーラインに向かう。

途中、ふきのとうを摘まみながら、銀山平に到着。

7時半前後で、車は10台に満たない程度。

予想したよりも少ない。

※橋を渡った所にトイレ有り。


8時スタート。

まずは赤崩山へ向かうのだが、手前(急登)と、奥(急ではないが長い)の2ルートあり。

トレースは皆、手前の急登を進んでおり、我々もこのトレースに続く事とする。

※下山時トレースを確認したが、奥側からは1つ2つしかなかった。

前夜の冷え込みのおかげか、雪は適度に締まっており、歩き易く、1時間程で日向倉山へ続く尾根に到着。


日向倉山〜JP〜未丈ヶ岳まで一望!

20180404063711136.jpg


20180404063748801.jpg


天気が良すぎる。暑い。

日焼け対策でネックウォーマー(薄手)で顔全体を覆っている為、暑くて仕方ない。

日向倉山山頂直下の急登を「テン場についたら、ビールを冷やす、ビールを冷やす...」と唱えながら進み、11時日向倉山に到着。


駒ヶ岳〜中ノ岳、荒沢岳、燧ヶ岳・・・

20180404063842264.jpg

360度の眺望をしばし堪能し、山頂から少し下がった所を本日の幕営地とする。

時刻は、未だ11時半である。


※山頂では、日向倉ピストンの数パーティと入れ違いになった。


のんびりテントを設営し、ビールが冷えた頃合いで乾杯!宴会開始!

20180404063857446.jpg


NASさん持参の『味付け肉の焼肉』からスタートし、箸休めの『スモークサーモン&新玉ネギのマリネ』、『〆サバ』、『たくわん』をはさみ、『ネギ塩牛タン』、『ふきのとうの酢味噌和え』と続いていく。


それにしても時間があり過ぎる。

このままでは、夕焼けも見ずに寝てしまうのでは?と危ぶまれたが、水を作ったり、昼寝をしたり、GWの行き先を考えたり、うだうだと過ごし、夕焼けまで粘る。

うど子さんは、未丈ヶ岳から帰ってきた女性おひとり様に「泊まっていかな〜い?」とナンパしていた(笑)


※未丈ヶ岳ピストン日帰り組は、計10名に満たない程度だった。


夕焼け(郡界尾根方面)

20180404064005069.jpg


テントに潜り込み、きっちり二次会をこなし、21時頃には就寝。


■04/01(日):2日目 日向倉山〜未丈ヶ岳ピストン〜下山


3時起床。辺りが明るんで来た5時すぎ出発。

雲があり、朝焼けはいまいち。


20180404064924290.jpg

20180404065002257.jpg

雪庇崩壊箇所は樹林側を巻き、JPには6時半到着。

ここでアイゼンを装着。NASさんを先頭に下り始める。

1箇所リッジの右側藪へ降り、再びリッジ上へ戻る。

片側の雪が削れており、細く、1歩1歩緊張を要するポイントはあったが、

早朝で雪が締まっていたおかげで、なんとかザイルなしで通過出来た。

20180404064121687.jpg


雪庇崩壊、雪崩のリスクに怯えながら、数ピッチの大きくトラバースを強いられる年もあるとのこと。

今回の状況の良さに感謝である。


JP下りを抜けてしまえば、後はクラックに注意しながら歩くだけ。


後続の姿が見えたので、休憩もそこそこに、

C1500辺りのニセピーク(少々藪が出ている)を登り切り、謎の万歳ポーズを決め、

えっちらほっちら歩き、8時20分に未丈ヶ岳山頂着。

1番乗りである!

20180404064252323.jpg

20180404064858269.jpg


風で体が冷える前に下山とする。


帰路もJPまでの登りが核心である。

日も出て雪も緩んで来ているので、細いリッジ箇所を藪側から巻いてしまおうか検討したが、結局往路と同じルートをたどった。


登り途中に日帰り組と交差したが、時刻は10時頃。

シルバーラインのゲート開門6時からのアプローチと考えると、ここまで約3時間。

皆さんの健脚ぶりに敬服いたしますm(__)m


この後、数パーティとすれ違ったが、日帰りピストンは10名程度。


テントに戻ったのは、11時過ぎ。


残りの肉を消費した後、テントを撤収、12時40分下山開始。


団体ご一行様が帰った後のため、前日とは比にならない程、足跡がびっしり。


心配した『雪の緩み』は、気温が上がった割に、前進を阻むような状況はなく、歩き易い。

ほんと条件が良くて、有り難い限りである。

最後の取り付きへの下りも、適度に柔らかくなった雪を利用して、一気に下り、銀山平に14時30分着。


お土産用のふきのとうを摘まみ、薬師の湯で汗を流し、お蕎麦をいただいた後、帰宅。


-----


最高の条件で、春山を楽しませていただきました!


山行中にNASさん、うど子さんの会話に出た山、沢の数知れず。

地形図でみてたら、夜が明けましたw


雪山の妄想は止まりませんが、

4月になった事ですし、頭を切り換えて、沢の準備をはじめますかね♪

記:みのり
posted by みのり at 06:43| Comment(0) | ‐雪‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする