2018年12月24日

三依山

2018/12/22-23

うど子

三連休、どうも天気予報がよろしくなくて…土日が南低で月が冬型ですと。
しかも私が行ける範囲の近場の山は雪でなくて2200mまでは雨かせいぜいミゾレですと。
まいったなぁ。
スキーには雪が少ないしなぁ。

エアーポケット地帯として浮かび上がったのが栃木!
地味な地味な地味な地味な地味な三依山に行ってきました(^^;)
駅から登れて少し雪があってお手軽!

ここ、2017年の1月に行った時も世紀の寡雪で雪がほとんどありませんでした。(スノーシューのお試しで行ったのに。)
今回はその時よりはありましたが一番深いところでも膝下程度で楽勝でした。

東武鉄道の快速は安くて良かったんですが、今は早朝出発だと否応なくリバティ会津という特急列車しか選択肢無し。
全席指定で特急料金を支払わなくてはなりません。
快適ですが貧乏人には悲しいことです。

中三依の駅の裏(スキー場跡らしい。)からすぐに取り付きます。(今回はお墓から行ってみた。)
あまり中三依駅から登る人は居ないみたい。
地形図を見て一番緩そうなところを上がりましたが、それでも中々に急です。
等高線の詰まり具合はさほどでもないのに体感斜度は等高線以上です。

8本爪のアイゼンはスノーシャットなんて付いてないので、一歩づつ洗面器程度のデカい雪が団子になります💦
これがもう冗談ヌキで本当に一歩一歩洗面器がもれなく付いてくる!なんちゅう雪や!旧型の中古冷凍庫に一年位放置された霜かっ!
ザクッ、カンカン、ザクッ、カンカンの繰り返し(泣)カンカンはアイゼンを叩く音です(^^;)

主稜線に乗り上げると途端にたおやかなまったり尾根になります。
楢とブナ主体の明るく広い尾根です。
倒木が非常〜に多い!ヤバイ尾根だ!秋がとっても心配だ!でも食べない方が良いかも💦えっ?(^^;)

ここら辺が会津と北関東のちょうど境界線らしく、尾根を挟んで北と南の山々の天候の違いが目で見て分かるようでした。

思ったよりも積雪は少なく、これだとアクセクしなくても十分日帰りでピストンできそう。
ってことで、ピークを目指すのは明日に回してお気楽にとっとと幕を張りノンビリすることにしました。10時半!(笑)

やや風が強かったので寄らば大樹の陰ということでデカい倒木群を風よけにしました。


1545607135563.jpg

準備が整いホッとくつろいでいると晴れて来ました!
お日様が出るとあったか〜い!風もやんだ。
では水作りも外で。

1545607058407.jpg


のんびりと定番のカモ鍋をつつきまったりしてもまだ昼すぎだ💦


1545606922842.jpg


どうやら酔っぱらって夕焼けも見ずに寝てしまったようだ(泣)
ぐっすりと寝て起きるとなんとまだ22時半(^^;)参ったね。
月が煌々と明るく、ツェルト内の作業にヘッデンが要らないほどだ。


翌朝は真面目にピークを目指す。
朝は尾根の北側がなんと雲海!
積雪は少なくワカンの出番は無くツボで大丈夫。


1545606743982.jpg
積雪は深いところでもこの程度。


鹿だらけなのでありがたくトレースを拝借。
鹿も極力アップダウンの労力が少ない、人間と同じルート取りをしているようだ。

1545606822513.jpg


1545606885837.jpg


途中、熊の足跡を発見!熊を追うハンターと思われる足跡が追従している(^^;)


1545606838985.jpg

コワいので(熊もコワいが撃たれるのもコワい!)、暑いけど赤い上着が脱げない!
脱いじゃうと熊とおんなじ黒い服!(^^;)


1545606766410.jpg


ピークにはこんな地味な山なのに何故だか山名表示板が3つも付いている。(いらね〜!)


1545535288231.jpg


晴れてた山もガスって風も強まってきた。冬型に捕まる前にとっとと下山することにしよう。


1545606669226.jpg

目印の赤布を回収しながら下山する。
この尾根は広いうえに派生する支尾根もいくつかあるので方向を失いやすい。
ピストンの場合、赤布は多めの持参がおすすめ。

中三依の駅に降りる場合、尾根がいくつにも分かれるので、どのルートが一番楽チンなのか考えてしまう。
スリップ禁止の急斜面なので、雪の状況によっては気を遣わされると思う。
それにしても登り以上に洗面器がウザい!アブナイ!も〜イヤ!
せっかくくっつきかけたあばら骨を再度折るわけにはいかないので慎重に下りる。

駅前には何もないです!(冬はみんな休業中。トホホ。)
ひなびた無人駅ですが、トイレと水道があります。
となりの湯西川駅で温泉につかって食事をすることが出来ます。(駅直結。)


1545606613617.jpg

湯西川はシトシト雨模様でした。
やっぱり三依山で良かったのかな。
posted by うど子 at 21:46| Comment(2) | ‐雪‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

平標忘年会

2018/12/15-16

メンバー:うど子、USAN、みのり姐


平標で忘年会して来ました。
平元新道から小屋へ。

本当はganちゃんが冬靴買ったので雪山デビュー戦ということで、転んでもあの世に行かないお気楽な計画を立てたんですが、肝心のganちゃんは出発当日に都合が付かなくなり残念ながらデビューは次の機会にお預けとなりました。

前宿した某所にはなんとW会、B会と大御所の方々が同宿されており、W会の方とは恐れ多くも入山祝いを少しご一緒させていただいた次第です。
色々なお話を伺い、ビックリしたり納得したり…ありがとうございました!

今年は有り得ないくらい雪が遅かったんですが、やっと少し積もりました。
土曜の朝の時点で、湯沢の街中で43センチだそうです。
山はもっと積もってましたが、出発前日くらいから雪が降り続き一度に積もった雪なのでまだ根雪がありません。

このまま積もってくれると良いんですが…
11月末に一度積もった雪はその後融けましたからね〜。


さぁて、吹雪の中意を決して出発。
なんと先行パーティー2名がいらっしゃり、途中までトレースを拝借。
後から日帰りの大人数パーティーも加わり追いついて、結局10人くらいで交代でラッセルすることができ、大変助かりました。
ありがとうございました!


OI000121.jpg


積雪は概ね膝から腿、深いところ(傾斜の強いところ)ではチビな私の顔くらいありました。
みんなで雪を掻きわけ奮闘し、5,6時間かかってやっと小屋。


OI000123.jpg


OI000122.jpg

3人だけではどんだけだったことでしょうね。
夜までは吹雪。ピークはどうせ荒れてて無理だったことでしょう。


小屋で忘年会!
今年一年を振り返ったかどうかの記憶はございません(^^;)
時の経つのが早すぎるという実感が湧くばかり。
みなさま、今年も本当にお世話になりました!


OI000127.jpg
かにシャブ〜!旨!


OI000132.jpg


OI000135.jpg


OI000136.jpg
旨!


OI000126.jpg
キャ〜💕


OI000129.jpg
みのり姐(のお母様)の特製チャーシュー、旨!


案の定飲み過ぎで、翌朝はモルゲン見るのもすっかり忘れて爆睡してしまい、すっかり日が昇ったころに起きて出発。
今日は天気良いどぉ〜!


OI000139.jpg


OI000138.jpg


昨日頑張った我々のトレースを使い、続々と日帰り組が登ってきます。
今日は小屋から上は日帰り組のトレースを拝借して楽をさせてもらいます。
ありがとうございました。
上部は積雪は少ないが、階段なので根雪のない今は踏み抜きが恐怖です。



ピークは風が強く、仙ノ倉はやめて下山しました。


OI000159.jpg
上下で4千円のワークマンのカッパとは思えませんねぃ(^^;)


OI000164.jpg


小屋に戻って余ったビールを消費。
さぁ下山だ。
トレースは踏み固められて、ルートは高速道路に変貌してました。
普通に歩いても35分(^^;)
まぁ、忘年会ですから(^^;)
林道に着いてまたまた余ったチュウハイを消費💦

ヤカイ沢はまだ水が流れているようで尾根はまだ藪がうるさい。
雪は少なく、板でもまだまだです。

それにしても平標はいつも小屋に入るのが核心部!(冬ね。)
泊りの宴会ザックを背負ったままでは入れない!
怪我人も入れない!(^^;)
ヒロPは空身でも多分小屋には入れない!かわいそうに(笑)


posted by うど子 at 13:52| Comment(0) | ‐雪‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする