2010年12月25日

湯河原で忘年岩トレ

2010年12月19日
メンバー:トミー、オベ、タッキー、タカ、トシ、マサ

「忘年会!その前にちょいと岩登り」のコンセプトで、赤石沢のメンツ&新人君の計6名で、やってきました湯河原幕岩。

岩場に9時半頃到着すると、すでに大勢のクライマーがいる。どのエリアにも人がぶら下がっていて、空いてる場所を探すのに一苦労。
桃源郷はもちろん一杯。マコロン、アリババも×で、このまま山頂に追いやられてしまうのではと心配したが、次のガリバーの岩場がワンルート空いていて、ここに滑り込む。

ガリバーの岩場に滑り込み、「あかずきんちゃん(5.9)」、「ひらけゴマ(5.9-)」、「道化師(5.9)」を登る。
久々に外岩でのリードは、やっぱ緊張するなぁ。

皆で3〜4本ずつ登っていると、上の踏み後からオールドクライマー諸氏が降りてきて、「上、面白いわよ〜」というので、そこに行ってみる。
「オリンパスの丘」というらしい。ここで「メヂューサ(5.8+)」「カサンドラ(5.9)」の2本を登ってみたが、体が慣れたのか、ガリバーより簡単に感じた。

なんやかんやで、午後も遅い時間となり、クライマーの数も減ったので、満を持して、トミーお勧めの「アリババの岩場」へ。

コンマクラック(5.9)とアリババ(5.10b/c)を登り、本日の岩トレは終了。


今日は、新人君たちもリードに挑戦。「初リードの日」であった。これからが楽しみだ。早く、ロートルを追い抜いて欲しいもんだ、ウン(もう追い抜かれてる、という話も・・・)。

さて・・・・ここからが本日のメインイベントである。

2年前に入った、300円の格安駅前風呂は、今はもうやっていないらしいので、忘年会会場「居酒屋にのみや湯河原店」に直行(岩場からタッキーがぬかりなく予約してくれていた。サンキューです!)。

2年前、3人で狂喜したときと変わらない、カワハギ刺(肝つき)、マンボウ刺(肝つき)、ウニ、その他たくさんのウマウマ料理を肴に、ホッピーが進み、今年一年を大いに語り合い、大盛り上がりのうちに忘年会は幕を閉じたのだった。


来年もいい山に行けるといいですね。

(オベ記)

posted by 梁山泊Web管理者 at 06:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ‐岩‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック