2018年09月18日

袖沢北沢〜丸山岳〜白戸川メルガ股沢下降

日程:2018/09/14(金)〜17(月・祝)
メンバー:ガラ中さん(CL)、勇さん、みのり(記)

昨年9月にガラ中さんが計画するも天候で中止となっていた。
今回もガラ中さんのお声がけにより、3名が集まった。
天候が不安定なこの季節。9/14(金)〜9/16(日)の2泊3日に、プラス9/17(月)の予備日1日を設けて挑んだ。
秋雨前線の動向に悩まされつつも、現地にて判断と覚悟して、9/13(木)夕方に埼玉を出発し、現地へと向かった。

■1日目:09/14(金)
07:30基点P発−9:15 北沢入渓−11:30 3段18m−15:50 1120m付近行動終了(泊)

夜半から降り出した雨は、朝6時を過ぎた頃には上がった。
エコパーク奥只見へ車を停め、身支度整え、歩き出したのは7:30。
(エコパーク奥只見のトイレは板で入口を塞がれており使えなかった。)
この日は平日。林道入口のゲートは関係者の車がぞくぞくと入っていく。
我々は丁度ゲートを閉めようとしていた方に挨拶をすると、何も言わずに通していただけた。
林道から袖沢を覗くと、濁りもなく、水は平水のようだ。「大丈夫、渡れるね!」
林道を1時間半歩き、北沢の出合付近で沢へ降り、袖沢本流を徒渉。(水位は膝)

ミニゴルジュは腰まで浸かって突破。
3m程の滝を右岸巻き。なかなか嫌らしく、先に待ち構える、3段18mの巻きが思いやられる。
その3段18m滝。セオリー通り右岸巻きに入るが、そこそこの傾斜があり、やっぱり悪かった。
P9140466.JPG

小休止をとりつつ、竿を投げてみると、入れ食い状態で岩魚が釣れた♪♪
P9140474.JPG

16時前、予定通り1120m付近で荷を下ろし、幕とした。
夕ご飯は、ガラさんのサラダ、ナスとベーコンのチーズ焼きに始まり、麻婆ナス、岩魚の漬け丼、唐揚げと続きお腹いっぱい。

■2日目:09/15(土)
06:30行動開始−13:00 1530m二俣−17:15 1800m付近(丸山岳手前)行動終了(泊)

朝ご飯は昨晩の残りご飯と、味噌汁で済ませ、06:30行動を開始する。
天気は曇りだが、降っていないことに感謝だ。
歩き出してすぐに10m滝。ガラ中さんがトップで右ルンゼを登るが、岩が脆い。
上部で手をかけた部分が崩れ、50cm程の大きさの岩が落ちてきた。(後続は事前に待避)
滝上では魚影をみなくなり、ここが魚止めの滝のようだ。

そこそこの滝が続き、お助け、ザイルの多用を強いられる。
DSCF1780.JPG

13:00過ぎに1530m二俣にいたり、左へ進む。5m程の細い滝が出てきて、左岸を巻く。いちいち嫌らしい...
その先の二俣で左を選択。これが大失敗であった。2m→3mの2段の段差が出てくる。(すでに水は涸れている)
2段目を越えると笹藪に出て、稜線はすぐそこなのだが、この2段目に大苦戦。
勇さんがザイルを引いて空身で突破。少し先でザイルをフィックスして、後続・みのりが続く。
が、垂直に立った2段目をよじ登れず、ジタバタ。結局、勇さんに引き上げてもらった。

この一件で時間を大幅にロス。(私が力不足なばかりに本当にごめんなさい)
全員が登り終え、藪をこいで、1800m付近草原に出たのは、17時をまわっていた。
メルガ股沢下降を諦め、この日はここで幕とした。
ガラ中さんの巧みなタープ技のもと、暗くなるほんの少し前に設営が完了。
湿った冷たい風に晒され、体は冷え切っていたが、タープの下はあたたかかった。
夕ご飯は、勇さんの焼きそば、豚肉とオクラのめんつゆ炒め、その残りで焼きうどんを食べた。

■3日目:09/16(日)
06:30行動開始−07:00 丸山岳山頂−(メルガ股沢下降)−11:00 1245m付近二俣−15:00 925m付近行動終了(泊)

天候は曇り。ガスで展望ゼロ。丸山岳からの展望を楽しみにしていたので残念である。
住めば都。快適だった幕営地を後にする。
P9160534.JPG

30分程で丸山岳山頂。ここから西に向かう。
背丈以上の藪に覆われ、先が見えないので、細かく現在地確認を行いながら進んでいく。
下降をはじめて、ほどなく沢型に出た。1400m付近までは幅の狭い沢型をどんどん下っていく。
10mトイ状は懸垂で下りる。(懸垂ポイントには残置スリングあり)
DSCF1788.JPG

この先も数回懸垂下降で下るが、なかなか標高が稼げない。
下山を目指して、先へ先へと気持ちが焦るが、1350m付近からダラダラと長く、
連日の疲れもあり、スピードが出ない...(ちょっとした石もヌメって滑りやすく神経を使うのも一因)
作戦会議を行い、3泊目を決断する。

15:00 1038m付近、三角点沢出合を過ぎ、925m付近に整地不要の高物件をゲット!
P9160555.JPG

昨晩焚き火が出来なかった鬱憤をはらすべく、疲れた体でガラ中さんは薪を切りそろえる。
勇さんは食料調達に勤しむ。
私は海藻を戻してサラダを作り、湯を湧かして、ペンネを茹で、クリーム味とミートソース味に仕立てる。
岩魚は塩焼きに。
盛大に焚き火を楽しみたかったが、雨脚が強くなり、タープ下へ避難。
残り少なくなった酒をチビチビと飲み、体があったまった頃シュラフへ潜り込んだ。

■4日目:09/17(月)
07:15行動開始−7:40 885m左岸枝沢出合−9:00 袖沢乗越−11:30 袖沢合流−14:00 基点P到着

朝食は、ナラタケ汁に、生姜焼きをおかずにご飯をいただく。

夜中、本降りとなった。数cm水位が増したようだ。
今日は袖沢本流の徒渉がある。さて、どうなることやら。

885m左岸枝沢
P9170558.JPG

順調に進み、9:00袖沢乗越。
下降をはじめて、ほどなく沢型に出る。
ザイルを出さずに下降していくが、滑りやすいので注意が必要。

11:30 袖沢合流。
P9170563.JPG

袖沢は数日前とは姿をかえ、濁流となっており、緊張が走る。
ザイルを出して、ガラ中さんがトップで突破!!(ガラ中さんで水位は腰上)
後続も無事に対岸へ渡り、ほっとして、うるっときてしまった。
徒渉には、ギリギリの水位だった。
DSCF1801.JPG
林道はいつもの馬鹿な話でゲラゲラと笑いながら帰った。


結果、予備日9/17(月)昼に下山、3泊4日を要してしまった。
今シーズン一番の大冒険となった。
多くの反省と経験を忘れずに、今後に生かさねば。

お疲れ様でした!!

記:みのり
posted by みのり at 23:06| Comment(0) | ‐沢‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。