遡行同人梁山泊ブログ『酔虎伝』へようこそ!!
  

2018年08月06日

鈴鹿 神崎川ツメカリ谷遡行白滝谷下降

2018年8月4日

オベ(単独)

浜松発0600。アプローチはGoogle mapにお任せ。東名〜伊勢湾岸道〜国道421号線(八風街道)〜と車を走らせ、"甲津畑紅葉尾広域基幹林道"を神崎発電所まで入ろうとしたが、やはり、入口のゲートは閉まっていた。街道脇には、河原沿いのキャンプ場利用者用として駐車場が結構な数確保されているが、キャンプ場関係と思しきおっちゃんが「キャンプ場利用者以外停められんもんね」という顔して周りを威嚇しているので、少し離れた車留にやや強引に駐車し、そそくさと出発する。

Tsumekari001.JPG

途中、東名美合SAのはな〇うどんで朝飯。

炭焼小屋、神崎発電所などを横目で見送りながら、ダラダラ続く林道を歩く。傾斜がやや強まってきたかな、と思った頃、「赤坂谷」の看板、もう少し行くと、「ツメカリ谷」の看板が。ここで本格的に遡行準備をして、河原までの長い階段を下り、入渓。広々とした河原に、透明な流れがまぶしい。大きく深呼吸して、遡行開始。

Tsumekari016.jpeg

ダラダラ林道。これは帰路のもの。

Tsumekari002.jpeg

ご丁寧に沢への降り口が看板で。ここは表丹沢か!とツッコみたくなる。


Tsumekari003.jpeg

その横にあった看板。営利目的の人を通さないのかな?と思ったが、さにあらず。

営利目的の人は、事前に連絡し、許可をもらえば、林道の車通行がOKになるみたい。

実際、帰路に林道をトボトボ歩いて降りている横を、

「キャニオニング教室の引率でぇ〜す!」といった出で立ちの男女が乗った車が降りて行った。


Tsumekari004.jpeg

入渓点はこんな感じ。

過去の記録と比べると、いささか水量は少な目のような気がするが、各淵は深く、足がつかない。とはいえ、流れは緩やかなので、積極的に水に入って行くと決める。初めての関西の沢、しかも単独行ということで、自分でも驚く程慎重に、オブザベに時間をかけて各淵を越えていく。

Tsumekari005.jpeg Tsumekari006.jpeg

こんな感じの渕が続く。流れの透明度が高く、深さを感じないが、いざ足を入れてみると足がつかない。流れがキツくないのが救い。


3回ほどの泳ぎでいいかげん疲れた頃、ツメカリ谷出合。入ってすぐゴルジュとなるが、難しい所はない。エメラルドグリーンの流れが美しい。ゴルジュの出口にかかる5m滝は、右岸を泳いで滝の左側を容易に登る。2級上。簾状6m滝も左から。次の滝を越えると、沢は美しいナメの中に柱状節理の岩がニョキニョキとした廊下帯となる。これをヒタヒタと歩いていくと、裏越滝5m。滝の裏側を通り抜けて上部に出る。ややいくと、730m二俣。記録にある770m二俣よりはやや下流だが、時間も時間なので、これを詰めると、P822m峰の右側のコルに出る。膝が痛み出したのと、斜面を歩いて下るのがカッタルイので、mザイルで懸垂4ピッチ、そこから少し歩き下ると、白瀧谷へでた。いったん登山道に入り、同谷出合までは登山道を行く。ヒルが怖かったので、白滝谷出合からは神崎川本流を下降。水深のある淵はみんな泳ぎ下っていく。

Tsumekari007.jpeg

ツメカリ谷出合。ここまでにエラく時間がかかった。

このあと、すぐゴルジュとなる。


Tsumekari008.jpeg

ゴルジュ出口の5m滝。左側から泳いで取り付き、水流左を登る。

登る前に一息入れていたら、赤坂谷から下降してきたというパーティーが降りてきた。


Tsumekari009.jpeg

簾状滝。これも左から。


Tsumekari011.jpeg

次の滝を越えると…


Tsumekari012.jpeg

ナメと柱状節理ニョキニョキ地帯


Tsumekari013.jpeg

裏越滝。右側からバンドに上がり、滝の裏側を横断する。


Tsumekari014.jpeg

白瀧谷への下降


Tsumekari015.jpeg

♫泳ぎぃ〜疲れたぁ〜ディスコのぉ帰りぃ〜♫


太陽の力がやや落ちてきて、濡れた身体に冷えを感じてきたので、左岸の顕著なルンゼを詰めたら即林道のような気がしてきたので、入渓点まで沢を下降するのはやめ、このルンゼを詰める。これが大間違いで、途中からホールド・スタンスともなくなってしまい、大いにハマる。這う這うの体で詰め上がったあがったところはどこかの尾根上。GPSで位置を確認し、名もない小ピークのコルに出ていた。ここからは、GPSとニラメッコしながら登山道に出て、そこから林道へ。壮絶な喉の渇きを覚えつつ歩いていると、清水が湧き出ているところがあり、喉を潤す。

ここで着替えようとザックを開いたら、いい加減なパッキングが祟り、すべて水浸し。あろうことか下山後のお風呂セットまで濡らしてしまっていたのであった。しかたなく沢靴を履き替え、スパッツとガチャを外してザックに仕舞い、日没と追いかけっこしながら下山。濡れたまんまの沢臭い恰好で、そのまま車で帰路についたのだった。

Tsumekari017.jpeg

もうすぐ日暮れだそれ急げ


初めての鈴鹿詣で。茗渓といわれる神崎川の中でも、”関西の赤木沢”と言われるツメカリ谷。

赤木沢に行ったことないのでよーわからんが、まぁ、赤木沢は言い過ぎでしょ!という感想

しかし、本流の水はどこまでも透明で、どこまでも深く、ツメカリ谷の水はエメラルドグリーンに輝き、

予想より遡行はてこずり、お腹いっぱいの一本でした。

神崎川、また行こうと思う。


Tsumekari018.jpeg

帰りは、刈谷SAの「ドテ丼ときしめんセット」。デラ旨かったがや。

【タイム】

林道ゲート0900-ツメカリ谷下降点0945-入渓点1015-ツメカリ谷出合1145

-5m滝1206-簾状6m滝-1217-次の滝1250-ナメ廊下突入1309-裏越滝1340

-730m二俣1400-白瀧谷1500-ルンゼ詰め開始1600-名もなきコル1700

-林道1730-林道ゲート1900

オベ記


posted by Obematsu Nitalinovsky at 17:18| Comment(0) | ‐沢‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

水トレ 丹波川本谷

2018年07月01日(日)
メンバー:信(CL)、勇、ガラ中(SL)、がんちゃん、みのり *おべまつ

毎年恒例、水トレを奥多摩・丹波川本谷にて行いました。

P7010186.JPG

P7010187.JPG

P7010190.JPG

P7010194.JPG

P7010195.JPG

P7010198.JPG

P7010201.JPG

P7010204.JPG

P7010210.JPG

posted by みのり at 14:34| Comment(0) | ‐沢‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

只見 叶津川 芳沢本流〜叶津川本流下降

春の会越  〜雪渓と山菜の沢〜

2018/6/16-17
メンバー: CL USAN、勇ちゃん、信、みのり、がんちゃん、うど子


雪国の沢はみずみずしい生命の輝きに満ちている!

6月は雪渓も多く残り入れる沢も限られるが、当会では毎年この時期に雪渓処理を学び、ついでに(?)山の恵みを少し頂いて焚火を囲んで本格的な沢シーズン開幕なのだ〜!

今回は芳沢〜叶津川本流ルートとなったが、良くある芳沢途中からの新山峠経由周回ではなく、芳沢を最源流まで詰め上げて下田のスラブを眺め、叶津川本流の最源流ドン詰まりから下降と、大きく周回してみたもの。



続きを読む
posted by うど子 at 13:09| Comment(2) | ‐沢‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

沢の季節が始まったよ。

会津某沢

2018/6/2-3

USAN、みのり姐、うど子


白い季節が終わりを告げて緑の季節がやってきた。


20180602_081113.jpg


雪国の春は新しい生命の輝きに満ちている。


20180602_100110.jpg



芽吹いた若葉よりはもう少し緑が濃くなりつつある森の中で汗を拭い、虫を払い、いつもの岩に腰かけて、ビールを冷やして飲んで、空を見上げて大きくふぅっと息をついて、慣れ親しんだ水音を耳にして、うだうだと焚火をして…

これをやんなきゃ始まんない。

20180602_103405.jpg


毎年4月の岩トレ、レスキュートレ、GW山行、5月の沢始めがルーティーン。
けれども私はやっぱりここに来て、やっと、沢の季節が来たことを実感するのです。


今年も無事に来れたことに感謝。
これはとても有難いことなんだよね。
いつもと同じ、変わらない何かが、かけがえのない大切なことだってこと。


20180602_103409.jpg



20180603_101705.jpg


今年も沢が始まったんですね!
どんなシーズンになるんだろ。
良いシーズンにしたいなぁ!


続きを読む
posted by うど子 at 21:54| Comment(0) | ‐沢‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

谷津川 本流

2018.5.20  会山行
メンバー : ヒロP(CL)、NAS、うど子、勇、信、みのり、新会員I(記)

当初計画では2パーティに分かれての遡行であったが、1名が急きょ参加を取りやめたため7名一緒の行動となった。 というのは公式記録の建前で、前夜に飲みすぎて出発が遅くなったのでパーティ分けできなかったのでした…。 みなさん、S社の「おいしいワイン。」にはご注意を!

今回は恒例の「わらじ初(ぞめ)」。 人数が多いのでリーダーのヒロPが参加者の力量を鑑み、またアクセスを考慮して選んだ沢だ。 計画段階から最後をどうツメるのか意見が分かれた。 熊倉山ピーク(1426m)には関心がなかったので、ツメと下山路はなるべく簡単に早く済ませたい。 心で思っていることはみんな同じであったが、奥の二俣を左に行くか右をツメるか、悩んだ末に右俣に決定した。

お世話になった道の駅あらかわを三台乗車で出発。雲ひとつない青空!
IMG_0518.JPG


熊倉山登山口駐車場(385m)から熊倉山白久林道(登山道)に入り、最初の営林署標識(No.2)で入渓した。白久林道は土砂崩れのため2011年から通行禁止になり、現在は廃道になっている。
IMG_0554.JPG

IMG_0519.JPG 


地獄谷の出会いまではゴローと小さな滝が続く。下の写真は6mの滝。これは右を巻く。
IMG_0521.JPG 


地獄谷の出会(500m、最初の二俣)。
IMG_0523.JPG

IMG_0524.JPG


七つ滝に到着。高さがあってすらりとした女性的な美しい滝だ。中間地点にスリングが掛かっているように見える。あそこまでどうやっていくのだろう?
IMG_0528.JPG


12m二条滝は水流左側を信さんがハイステップを決めて一段目を登ったが、中段の緩い斜面がヌルヌルで次の一歩が出せない。信さんにはセミになってもらって、勇さんが右から巻いてロープを出した。
IMG_0531.JPG

IMG_0536.JPG

奥の二俣に到着。 左に進めばゴルジュ、右は100mも登れば廃道に出るはず。記録を読むと厳しいことが書いてあったが、廃道といっても元は登山道。 そこまで行けば何とかなるだろう、と軽い気持ちで考えていた。歩き出したのは11:30。この時点では「早く降りて3時過ぎには温泉に入りたいね」と軽口をたたいていた。 NASさんが最後の水を汲み、ザレてる急登をツメて行く。 

IMG_0546.JPG


左手には石積の窯のようなものも現れ、人の手が入っていた往時が偲ばれる。
IMG_0548.JPG


石のザレから土崖の急こう配に変わり、よつんばいになって這い上がっていく。 這い上がっているのだが一向に廃道が現れない。 地形図では1000mを超えて右にトラバースすれば廃道にぶち当たるはず。 しかし見上げると岩壁も出現し始めてきた。 右へ右へ逃げて放置された伐採丸太を乗り越え、ようやく登山道にでた。 営林署の標識もあった。No.14とある。 ヤレヤレ。 わたしはアプローチシューズに履き替え、NASさんは隠し持ってきた缶ビールを飲もうとした。 が、長年の経験か動物的な勘が働いたのか分からないが、飲むのを思いとどまった。 正解であった。 思いもよらないことであったが、ここからが長かった。 地獄谷の源頭を渡り、標識No.11を過ぎた地点まではスムースだったが、そのあと道を失ってしまった。
IMG_0549.JPG


 OI000034.jpg


地形図によると地獄谷の源頭を渡った直後に廃道上の分岐があるはずだったが、行きつ戻りつしてもそれらしき場所は見つからない。GPSで見当をつけて藪の中にそろりそろりと下り始めた。ところどころにテープはあるのだが、作業用目印のようで参考にならない。途中に大きな崩落地がありそこらじゅうにテープがあった。

急斜面の藪や樹林帯をトラバース気味に北に歩いて3時間以上が過ぎた。横移動をしているので少ししか下降できていない。小さな落石も頻発し、鹿から身を守る植生の影響か小枝の多くにはトゲがあり痛い。いい加減うんざりだ。そんなみんなの気持ちを代弁して勇さんが声を上げた。
「もうロープを出して沢へ降りよう。」
「ダメッ! 次の尾根まで行って決める。」
と、トップを行くうど子さんが間髪を入れず叫んだ。
全否定された勇さんは沈黙し、瞬間であったが剣呑な雰囲気がわれわれを包んだ。

結局、勇さんが降りようと言った場所から数分で小さな尾根を越えて登山道(廃道)に出た。営林署の標識No.6があった。
下の画面キャプチャーは、道を見失った直後からスタートさせたGPSのトラッキングだ。
 図2.png

下山してからうど子さんがこう分析した。
「とっくに無くなっていた地形図の道を苦労して地形図通りにたどったのです。」

ロープワークやクライミング技術も大切だが、ルーファイが一番重要だと今回思い知らされました。


( 7:47 入渓 〜 8:12 地獄谷出会 〜 9:14 七ツ滝 〜 11:01 三俣 〜 11:27 奥の二俣 〜 16:15 駐車場 )




続きを読む
posted by がんちゃん at 18:27| Comment(1) | ‐沢‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

鶏冠谷 右俣

5/12  鶏冠谷右俣

メンバー;  ヒロP、専務


ゴールデンウィークに不甲斐ない山行になってしまった僕は、

リハビリの為にどこかを歩きたいなと思っていた。

折角なら今期入会した専務に、リハビリにご一緒頂けないかと誘ったらOKだったので行って来ました。


道の駅みとみで、前泊。

専務のプライベートを根掘り葉掘り質問攻撃。

なかなか面白いネタを仕入れられた笑



翌朝、西沢渓谷駐車場に移動し、しばらく歩いて鶏冠谷出合。



いきなり暗〜い感じでテンション下がり気味だか、それも最初だけ。

昨夜の酒が抜けぬまま歩き、

初っ端の魚留めの滝をトライせず高巻きした。

足慣らし的に歩いていたので記憶が定かでないが、

軽く登れる滝もあり、綺麗なナメもあり、頭の中は酔っ払ってるけど、まぁまぁ楽しめた。


目にする記録では、核心と言われる20m逆さくの字が出て来た。

ヌルヌルで嫌な感じ。専務にビレイをしてもらい取り付いてみる。

ヌルヌルで足が出ない。取り付きから落ちればナメを4mほど落ちる事になる。

落ちても死にはしないかぁと思いながらも嫌だなぁと言う気持ちが勝ち、取り付きちょっと過ぎにナッツを決める。

それからはリラックスで、屈曲点にある残置にクリップ。逆くの字には進まず、そのまま直上して抜けた。

身長デカイと余裕で抜けれる。


しばらくして西俣との出合。

右俣は、4m25mで出迎えてくれる。

その両方を一緒に高巻いてしまう。が、これがまたまぁまぁ緊張。

土はグズグズだし、掴んだ木は折れるし、岩は浮いてるしで、めんどくさい高巻きになった。

25mの落ち口に懸垂沢に降り立つ。あー、メンドくさ。


その後は、しばしナメをお楽しみください!と言わんばかりのナメ。

2人で、これを綺麗と言うか、ウザいと言うか、と言葉を交わした程、飽きる。


もう良いよ、って頃に左沢と右沢の出合に到着。

左に40m大滝があるので間違いない。

我々は、右沢に進み登山道に詰める。

足首が悲鳴をあげる角度を登りながら、まだかまだかと登山道にぶち当たるのを待っている。

ようやく登山道に当たり、下山を開始。

下山中、専務のプライベートをさらに深掘り、楽しく下山。


この沢は、とにかくクドイ。

もう少し楽しませてくれないと。

飽きちゃうの、私。

と言いたくなる沢であった。

足慣らしにぴったりな沢だった。


: ヒロP


E5078EDE-B485-4AC1-BBB8-EBD6FFDEB02A.jpeg









posted by ヒロポン at 18:11| Comment(0) | ‐沢‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロニクル(2017年度)

2017年度のクロニクルです。(2018.05.17更新)




posted by 梁山泊Web管理者 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | クロニクル(2017年度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする