遡行同人梁山泊ブログ『酔虎伝』へようこそ!!
  

2018年04月18日

レスキュー訓練

2018.04.15 レスキュー訓練

メンバー:NASさん、うど子さん、オベ松、トシちゃん、勇さん(CL)、
     信さん、ヒロP、ロバ君、新人Iさん、みのり(記)

季節の移り変わりは早いもので、桜もあっという間に散りました。
暖かくなり、なんと夏日を記録する日も!
いよいよ2018年度シーズンがスタートです。
週末は、毎年恒例・レスキュー訓練を実施しました。

沢シーズンオフの期間に、トレーニング不足の我々(-_-;)
前日4/14(土)有志にて『阿寺の岩場』で岩トレを実施しました。
ロープワークの基本の確認や、登り返し(プルージック登攀)などを行いました。

OI000002.jpg

roba_岩トレ_5.jpg

15時過ぎには切り上げ、前泊地へ移動。
17時頃から宴開始。
勇さんのラムしゃぶ、新人Iさんの高級焼肉でおなかいっぱい。
「腹が苦しい」と文句をいいながらも、勇さんお決まりの焼きそばも平らげ、
宴は深夜まで続きました・・・

翌日04/15(日)の天気予報は午前中風雨。
どうなることやら・・・と心配しながら就寝しましたが、
朝05時に起床したところ、小雨。予定通りの催行決定。

さてさて、本題レスキュー訓練ですが、
 ・ビレイからの自己脱出
 ・1/3、1/5引き上げシステム
 ・介助懸垂、背負懸垂
 ・要救護者の移動方法、搬送方法
などを実施しました。

roba_rescue_1.jpg

OI000016.jpg

OI000013.jpg


レスキュー技術・知識はもちろん身につけなければいけない事ですが、
なにより『レスキューが必要な事態を防ぐこと』が重要だと痛感しました。

日々の勉強、訓練、トレーニングを積み重ね、
今シーズンも事故ゼロで、沢、山を楽しみましょう!!

記:みのり

posted by みのり at 05:22| Comment(0) | ‐他‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

布引尾根滑走

メンバー:nasB, ウド子、Oka
日時:2018/3/11


nasBとウド子さんに誘われて久々の山スキーに行きました。
場所は宝川、布引尾根です。
出発は宝川温泉7時くらいでした。とってもいい天気でピーカンです。
スキー場アプローチではないので、静かでいい気分ですが、アプローチというか登りがなが〜い。
13時くらいまで登りましたが、ようやく木々が開けてきてスキーで滑るのにいい感じになってきたところで、もういいべかとシールを外しました。
ここはやはり、ウド子さんの言うとおり途中で1泊したほうがさらに滑りのためにはいいかんじですね。
雪もいい感じでメローな春山ジョイでした。



posted by okapooon at 13:10| Comment(0) | ‐雪‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

銀山平〜日向倉山〜未丈ヶ岳


2018.03.31-04.01 銀山平〜日向倉山〜未丈ヶ岳 1泊2日


メンバー:NASさん(CL)、うど子さん、みのり(記)



奥只見シルバーラインが3/28に開通!

週末は、すこぶる天気も良好。

NASさん企画の『銀山平〜日向倉山〜未丈ヶ岳(ピストン)1泊2日』に参加させていただきました。


-----

■3/31(土):1日目 銀山平〜赤崩山〜日向倉山


6時(?)に起床し、即撤収。

コンビニでコーヒーを調達し、朝食を済ませ、シルバーラインに向かう。

途中、ふきのとうを摘まみながら、銀山平に到着。

7時半前後で、車は10台に満たない程度。

予想したよりも少ない。

※橋を渡った所にトイレ有り。


8時スタート。

まずは赤崩山へ向かうのだが、手前(急登)と、奥(急ではないが長い)の2ルートあり。

トレースは皆、手前の急登を進んでおり、我々もこのトレースに続く事とする。

※下山時トレースを確認したが、奥側からは1つ2つしかなかった。

前夜の冷え込みのおかげか、雪は適度に締まっており、歩き易く、1時間程で日向倉山へ続く尾根に到着。


日向倉山〜JP〜未丈ヶ岳まで一望!

20180404063711136.jpg


20180404063748801.jpg


天気が良すぎる。暑い。

日焼け対策でネックウォーマー(薄手)で顔全体を覆っている為、暑くて仕方ない。

日向倉山山頂直下の急登を「テン場についたら、ビールを冷やす、ビールを冷やす...」と唱えながら進み、11時日向倉山に到着。


駒ヶ岳〜中ノ岳、荒沢岳、燧ヶ岳・・・

20180404063842264.jpg

360度の眺望をしばし堪能し、山頂から少し下がった所を本日の幕営地とする。

時刻は、未だ11時半である。


※山頂では、日向倉ピストンの数パーティと入れ違いになった。


のんびりテントを設営し、ビールが冷えた頃合いで乾杯!宴会開始!

20180404063857446.jpg


NASさん持参の『味付け肉の焼肉』からスタートし、箸休めの『スモークサーモン&新玉ネギのマリネ』、『〆サバ』、『たくわん』をはさみ、『ネギ塩牛タン』、『ふきのとうの酢味噌和え』と続いていく。


それにしても時間があり過ぎる。

このままでは、夕焼けも見ずに寝てしまうのでは?と危ぶまれたが、水を作ったり、昼寝をしたり、GWの行き先を考えたり、うだうだと過ごし、夕焼けまで粘る。

うど子さんは、未丈ヶ岳から帰ってきた女性おひとり様に「泊まっていかな〜い?」とナンパしていた(笑)


※未丈ヶ岳ピストン日帰り組は、計10名に満たない程度だった。


夕焼け(郡界尾根方面)

20180404064005069.jpg


テントに潜り込み、きっちり二次会をこなし、21時頃には就寝。


■04/01(日):2日目 日向倉山〜未丈ヶ岳ピストン〜下山


3時起床。辺りが明るんで来た5時すぎ出発。

雲があり、朝焼けはいまいち。


20180404064924290.jpg

20180404065002257.jpg

雪庇崩壊箇所は樹林側を巻き、JPには6時半到着。

ここでアイゼンを装着。NASさんを先頭に下り始める。

1箇所リッジの右側藪へ降り、再びリッジ上へ戻る。

片側の雪が削れており、細く、1歩1歩緊張を要するポイントはあったが、

早朝で雪が締まっていたおかげで、なんとかザイルなしで通過出来た。

20180404064121687.jpg


雪庇崩壊、雪崩のリスクに怯えながら、数ピッチの大きくトラバースを強いられる年もあるとのこと。

今回の状況の良さに感謝である。


JP下りを抜けてしまえば、後はクラックに注意しながら歩くだけ。


後続の姿が見えたので、休憩もそこそこに、

C1500辺りのニセピーク(少々藪が出ている)を登り切り、謎の万歳ポーズを決め、

えっちらほっちら歩き、8時20分に未丈ヶ岳山頂着。

1番乗りである!

20180404064252323.jpg

20180404064858269.jpg


風で体が冷える前に下山とする。


帰路もJPまでの登りが核心である。

日も出て雪も緩んで来ているので、細いリッジ箇所を藪側から巻いてしまおうか検討したが、結局往路と同じルートをたどった。


登り途中に日帰り組と交差したが、時刻は10時頃。

シルバーラインのゲート開門6時からのアプローチと考えると、ここまで約3時間。

皆さんの健脚ぶりに敬服いたしますm(__)m


この後、数パーティとすれ違ったが、日帰りピストンは10名程度。


テントに戻ったのは、11時過ぎ。


残りの肉を消費した後、テントを撤収、12時40分下山開始。


団体ご一行様が帰った後のため、前日とは比にならない程、足跡がびっしり。


心配した『雪の緩み』は、気温が上がった割に、前進を阻むような状況はなく、歩き易い。

ほんと条件が良くて、有り難い限りである。

最後の取り付きへの下りも、適度に柔らかくなった雪を利用して、一気に下り、銀山平に14時30分着。


お土産用のふきのとうを摘まみ、薬師の湯で汗を流し、お蕎麦をいただいた後、帰宅。


-----


最高の条件で、春山を楽しませていただきました!


山行中にNASさん、うど子さんの会話に出た山、沢の数知れず。

地形図でみてたら、夜が明けましたw


雪山の妄想は止まりませんが、

4月になった事ですし、頭を切り換えて、沢の準備をはじめますかね♪

記:みのり
posted by みのり at 06:43| Comment(0) | ‐雪‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

白毛門ー赤沢山

2018/3/17-18   
メンバー : ロバ、ヒロP

土合駅ー赤沢山ー丸山乗越ー白毛門ー土合駅。
岳人の2010年3月号に載っていたこのルートの事が頭の片隅に残ってた。
当時、車は持ってなく、駅が起点だから惹かれたのかもしれない。
IMG_6942.jpg
2週前、ウド子さんがタカマタギに行った日に、
僕も白毛門ー赤沢山に行こうと思っていた。
金曜の仕事後、装備の準備が終わったのが25時。
そこから3時間仮眠して計画書を提出して早朝出発!   
 …など出来るわけもなく、見事に寝坊。
仕方なく日曜に八ヶ岳を1人テクテク歩くだけに留まった。

天気が期待出来るとわかっていた今回。
絶対に行くぞーと準備も週初めには済ませておいた。
折角ならロバ君を誘ってみたところ、結果2人で行く事に。
岳人の記事とは逆の、白毛門から入る反時計回りにした。
膝のリハビリ中で不安なので、白毛門は下りで使いたくないなぁと。
それに白毛門を先に登ればあとの行程は、緩い下り基調で楽チン。という目論見。



24時。土合駅に到着。
既に寝ている先客2名に迷惑かけまいとホームへ通じる通路でヒソヒソ声で乾杯!
1時間程経ち、別パーティーが入ってきたのを皮切りに、次々と駅舎内に人が入ってくる。
ヒソヒソ声なんて、そんな気配り一切無し。
物音も話し声も、寝ている人がいるなんて意にも介してないご様子。
先客の1名は煩くて我慢できなかった様で、荷物を纏めて外に出て行ってしまった。
そして駅舎内は、さらにカオスと化して行った。
ロバ君と、有りえないね…とヒソヒソ話して就寝した。



翌朝6:30 土合駅出発。
IMG_6948.jpg

白毛門登山口の橋は、この程度の積雪量。
IMG_6947.jpg


しばし、白毛門山頂への急登を我慢して登る。
天気が良く、振り返れば谷川岳の男前な姿が。
IMG_6890.jpg

暑くて暑くて、汗がダラダラ。
雪も緩んできた頃、山頂直下の急斜面。ここで引き返している人も居た。
ロープを出して、ロバ君を確保し山頂に到着。

ここからは東に登山道を外れて、尾根伝いに丸山乗越へ。
快晴の下、トレースの無い気持ちのいい尾根歩き。
IMG_6949.jpg

小さなピークを越えては下り、
途中休憩を取っては、行動酒をプシュッと開け、
本日の幕営地、丸山乗越に到着。
IMG_6897.jpg

今回の山行は、衣食住は自分持ちなので、ツェルト2張。
とは言え食事は、折角だし、ロバ君にもと思い担いで来たチリコンカン付けたバケット片手にビールで乾杯!
茹で野菜とチーズフォンデュ。これもまたワインが止まらず、困った、困った。
快晴無風の宴会場は、快適そのもので、さっさと酔っ払って一丁上がり。
夏シュラフ+シュラフカバーで就寝。ちょっとだけ寒かった。


2日目AM6:30
朝ごはんは、各自済ませて、いざ出発。
朝の締まった雪が歩きやすい。
雪庇や踏み抜きに注意しつつ、赤沢山を目指す。

この日の為にと山座同定アプリをインストールして来た。
快晴とアプリが災いし、360度山座同定しまくったお陰で随分とタイムロス。
やり過ぎに注意と今回学んだ。

ヤバそうな雪庇や、何度も踏み抜きに合いながらも、赤沢山に到着。
ここからは、白毛門登山口へ進路をとる。
しばらくは、緩やかな下り。そんな中、油断してたんだろう。。
僕が踏み抜いて捻挫。と、同時に反対のアイゼンで足首をグサッと。(グサッと刺したのは下山してから気付いた)
オマケに体勢を崩してプチ滑落。
あーあ、足首やったなぁと思ってロバ君とお茶休憩。あと標高150m降ろせば白毛門登山口。
処置せずそのまま下山したが、そこから先は分かってたけど、現場で見たらなかなかの急斜面だった。写真はそうは見えないけど。
ロープを出して懸垂下降。何回したのか数え切れない。
IMG_6944.jpg

なんとか、かんとか、下山して土合駅に到着。
2日間とも天気に恵まれ、のんびりと山歩き。
最後にアクシデントはあったものの、自力下山できたので良しとしましょう。
駅のベンチでブーツを脱いでみたら、靴下が真っ赤!
翌日、2針縫いました…

記: ヒロP
IMG_6943.jpg



保存保存
posted by ヒロポン at 09:19| Comment(0) | ‐雪‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

ノミオ沢


2018/3/24~25 usan,ウド子


ノミオ沢・・聞かない名前でした。ウド子推薦の癒しのゲレンデ!米子沢の隣の沢でした。ここから入ります。

P3240063.JPG

P3240069.JPG
すぐにベース

P3240071.JPG
下見に出ます。

P3240074.JPG
沢はヤバいかも?

P3240080.JPG


2日目は尾根から行く事にしました。
P3250081.JPG

失敗です。
P3250083.JPG  
P3250085.JPG
絡んでます。

死ぬ思いで抜けました。
P3250089.JPG
上部の快適なとこヤット良いとこまで
P3250095.JPG

P3250103.JPG

P3250105.JPG
posted by うーさん at 19:34| Comment(0) | ‐雪‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

棒立山〜タカマタギ〜日白山〜東谷山〜二居

2018/3/3-4

うど子

先々週は大荒れ情報出る中、棒立山のかなり手前の麓で雪山体験トレを行いました。
稜線には出ず麓だったのでさほどの荒れではありませんでしたが、楽しいばかりではない山の顔の厳しい一面を知ってもらい、山は決して人間の都合には合わせてくれないことをわかってもらえるのなら行く意味もあるかなと感じてあえて行きました。
それ相応の技量無くして足を踏み入れることは無謀なことです。

C850に泊り、その先の斜面では一晩に積もった新雪だけでも背丈以上あり、身長以上の深いラッセル痕を刻みました…


一週おいて、週末手前の木曜にはちょうど春の嵐が訪れ気温が上がり、しかも土日は晴れマーク。
この嵐はきっと雪を落ち着かせてくれてるに違いない!
絶好のチャンス到来と凝りもせず同じ山域へ。


続きを読む
posted by うど子 at 14:12| Comment(0) | ‐雪‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

雪山入門  上越 棒立山(中退)

2018/2/17-18

メンバー:CLうど子、ヒロP、ロバ君

(写真は後ほど追加予定)


2月の会山行は、雪山初心者のロバ君のために、ヤマテンで大荒れ情報の出ている谷川の前衛、タカマタギ方面へ。


うど子さんより、前日に「明日は大荒れ情報出ているが、行く気はあるか」の問い合わせ。

大荒れが予想される中、二人にお金と時間をかけさせて、自分一人のための訓練に付き合わせるのは申し訳ないと思いながらも、「荒れた雪山に行ける機会もないのでお願いします」と回答。


土曜日、新幹線で越後湯沢に向かい、始発の上越線に乗って8時29分に土樽到着。

ルートファインディングをさせてもらい、タカマタギへの取り付き部までの林道を歩くが、林道が雪に埋まってよくわからない。

うど子さんの「一つ目の尾根あったね。これ、ヒント。」の声。

林道の曲がり具合と方角と沢の位置しか考えておらず、尾根の数なんて考えていなかった。

なるほど。。。なんとか、「取り付き部はここです」、と尾根を登り始める。

思ったほど、雪は深くなく、それほど、雪も降っていなかった。


当初、1050m付近の尾根にぶつかるところにテントを張る予定であったが、夜に雪がたくさん降りそうなので、850mの樹林帯に変更。


テントを張るときの注意事項を教えてもらいつつ、テントを張り、テントの周りに雪の壁を作る。本当はブロックをテントの高さまで積む必要があるのだが、今回は麓で雪もそれほど降らないだろうということで、雪を積むのは途中で終わりにし、そそくさと宴会の準備。昼間早くから、飲み始める。飲んでいると、やっぱり山の話に。

いつもはたくさんお酒を飲むひろぽん。今回は、体調がよくないのか、あまり飲まない。うど子さんがひろぽんのビールや焼酎を「いいの?いいの?」と聞きながら、嬉々として飲む飲む飲む。




夜中、風が強く吹いたけれども、それほどでもなく(うど子さん曰く、1213メートル)、夜も雪かきで起きる程ではなかったが、朝、外に出てみると、前日の景色とは違っていた。

テントの裏にも雪が吹き溜まっていた。


ピッケルの使い方を教わった後、C850地点からC1050への尾根をラッセル体験。


手で新雪をかいて進んでいると、だんだん傾斜がきつくなってきて、なんとなく、雪崩が起きてもおかしくない雰囲気。本に書いてあることはそういうことなのか、と思っていたら、うど子さんが来て、雪崩が起きそうで危ないから、ということで下山。

(一晩の新雪だけで身長以上の積雪深。)


下山の際、ワカンでの下り方を教わったが、途中、木に寄りすぎて、気の根っこにワカンがはまって抜けなかったり、雪が深いところで転んだり。でも、あっという間に林道まで下りた。

下まで降りたと喜ぶのもつかの間、林道のラッセルはキツかった。

雪が吹き溜まって深く(概ね腿〜股、時に腹)、平ら。三人で先頭交代しながら進んだ。



雪が深くて、ひーひー言っていると前方に毛渡沢方面に向かう真新しいラッセルの跡が!有りがたく使わせて頂きスピードアップ!

やっと、車道に出て時間を確認すると、電車の時刻まであと20分。急いだものの、5分足らず、乗り遅れ。電車は2時間待ち。バスは1時間半待ち。バスに乗るつもりで、土樽駅で時間を潰すことに。


バスを待つ間、レール除雪作業員が「大雪で電車止まってますよ〜。」

「まさかバスも?」と思って慌ててバス会社に電話すると、「今日は日曜なので、そのバスはありません。」電車もない。バスもない。仕方がないのでタクシー会社に電話。

「中型車は電車が止まっているから出払ってます。ジャンボタクシーならあります。」

3人でジャンボタクシー。でも、仕方がない。。。

ジャンボタクシーの運ちゃんが土樽駅まで来ると「あの雪の中、山に行ってたの〜?(駅まで)誰の足跡かと思った〜。」と大笑い。我々はアホな人種らしい。。。

タクシーでスキー場併設の温泉に乗り付け、湯沢温泉駅前の焼き肉屋で飲み、新幹線で帰宅。電車だと飲んで帰れるのはいいね(ヒロポン談)。

やっぱり、山のあとの温泉とビールは最高。


【やったこと、今後の課題】

1 ラッセル(平地、登り斜面、下り斜面)

2 ワカンでの歩き方(平地、登り斜面、下り斜面)

3 ピッケルの使い方(アンカーとして使用、方向転換、耐風姿勢、歩くときの用法)

4 雪崩そうな斜面(本の知識を現地で目視にて確認)

5 雪庇(本の知識を現地で目視にて確認)

6 雪山でのテントの張方

7 ルートファインディング(もっと早く確実に)

8 寒さ(寒さに慣れて荷を軽くしてスピーディーに行動すべし)

9 天気(本を読んで、勉強せねば。。。)

10 体力増強


【雑感】

雪で景色もよくなかったが、自分にとっては、雪山技術を教えてもらい、自分の甘さを認識することができたので、今回の山行は有意義なものであった。

会に入って8ヶ月が経ち、沢、岩、雪山、アイス、概ね、一通りのことを習った。

「これからは教わったことをベースに少しずつ経験を積んで、自分の目指す方面に進んで」と言われて新社会人の気分のようなワクワク感を感じた。

時に叱られ、凹み、悔しがりと、青臭く苦い感情を抱くのも新鮮で、いい大人になって、そんな気持ちになるなんて思わなかった(少し、感動)。

これからは、地道に知識と経験、トレーニングを積んで、自分の目指すところに近づけたらいいなあ。

最後になりましたが、雪の中、お付き合いいただいた先輩方、ありがとうございました。


記:ロバ

posted by うど子 at 07:10| Comment(0) | ‐雪‐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする